イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

対面キッチンor壁付(背面)キッチン。それぞれのメリットと選ぶポイントとは?

woman-1979272_640

こんにちは。山下です。
生活する中で大事な家事。その代表的な場所はキッチンですよね?

ほぼ毎日調理を行うので、家づくりでキッチン選びをこだわりたい方も多いと思います。
その時に迷う事が多いのが、対面キッチンor壁付(背面)キッチンです。

ここ数年は対面キッチンが人気で、住宅メーカーのモデルハウスや施工事例などで
対面キッチンが採用されている事が多いですよね。そうすると、対面キッチンの情報が沢山入ってきて「対面キッチンの方が良いのかな…」と思いがち。
しかし、だからと言って全員が対面キッチンが合うという訳ではありません。自分の希望に合わせて決めましょう。もし、新生活でキッチンが使いにくいと毎日の調理が嫌になってしまい、ストレスが溜まってしまいます。せっかくの新生活でそんな失敗はしたくないと思いませんか?だから、自分に合ったキッチン選びが必要なんです。

今日は対面キッチンと壁付(背面)キッチンどちらにするか悩んでいる方のために、
①対面キッチンと壁付(背面)キッチンのメリット
②キッチンを選ぶポイント~それぞれのキッチンに向いている方~
をご紹介したいと思います。

■キッチンの特徴

question-mark-2405218_1920
まず、2つのキッチンについてご説明します。

【対面キッチン】

対面キッチンとは、調理台をダイニングやリビング側に向けたキッチンの事です。
キッチンに立った時、ダイニングやリビングを見渡せます。

【壁付[背面]キッチン】

壁付キッチン(背面キッチン)とは、調理台の正面が壁に付いているキッチンの事です。
壁に向かって調理・作業をする事になります。

■対面キッチンのメリット

render-2001814_640
【メリット1】家族とコミュニケーションを取りやすい
対面キッチンは調理台がダイニング・リビングに向いています。ですので、調理をしながらダイニング・リビングにいる家族の顔を見ながら話したり、コミュニケーションを取る事が可能です。

【メリット2】部屋の様子やテレビを見ながら作業出来る
キッチンに立つと、ダイニング・リビングが視界に入るため、その様子を見ながら作業出来ます。テレビを見ながら調理する事も出来るので、大好きなテレビ番組や大事なニュースを見逃す事もありません。

■壁付(背面)キッチンのメリット

kitchen-1224845_640
【メリット1】調理や作業に集中する事ができる
対面キッチンと異なり、視界に入るのは壁のみです。調理する時に集中したい方にはぴったりです。

【メリット2】リビング・ダイニングのスペースを広く使う事ができる
キッチンが壁に付いているため、キッチンのスペースをダイニングとして使えます。よって、ダイニング・リビングのスペースをより広く使う事が出来ます。

【メリット3】換気の効率が良い
壁に窓を設置すると、調理中に発生したにおいもすぐ窓から外へ流す事が可能です。
よって、換気の効率が良いと言えます。

■キッチンを選ぶポイントとは?~それぞれのキッチンに向いている方~

choice-4111580_640
それでは、それぞれのキッチンはどういう方に向いているかご紹介いたします。
◆どういう方が対面キッチンに向いている?
○小さいお子様が家族にいて、リビングで遊んでいる様子を見ながら調理したい方
○仕事をしながら家事をしていて、家にいる時は家族とコミュニケーションを多く取りたい方

◆どういう方が壁付(背面)キッチンに向いている?
○調理や作業をする時に集中したい方
○より広くリビング・ダイニングのスペースを使いたい方

いかがでしょうか?
是非、キッチン選びの参考にしてくださいね。

家づくりサポーター 山下

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 山下美月

山下 美月

熊本出身、熊本在住。2019年に広告代理店から住宅会社へ転職。現在は住宅展示場の販促を担当。一人暮らしをきっかけにホームセンターや雑貨屋へ通うのが楽しみ。住宅に興味を持ち始めたが、予想外に親から分譲マンションを譲り受けることになり早期断念。最近の悩みは名前(女優の山本美月さんと同名)のせいで高確率で“山本さん”と呼ばれる事…私の名刺ちゃんと見てますか??涙