イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

マンションが突然目の前に建設!?後悔しないために知っておきたい土地の選び方

pexels-pixabay-460695
こんにちは、澤村です!

あなたは将来、どんな地域に住みたいですか?

☑スーパーが徒歩3分圏内にあってほしい
☑駅近なところ
☑静かな地域
☑公園がすぐ近くにある
☑学校や会社の近く
☑マンションや高層ビルが多く立ち並ぶところ
etc..

いろんな希望があるかと思います。

その中で、静かで落ち着いた地域に住みたい!という方に
オススメなのが、「第一種低層住居専用地域」という地域です!

これは都市計画法で定められた用途地域の1つで、
チラシには「1低」と省略して書いてあることが多いです。

1低・・?なんだろう・・?
土地や建物を探しているときに、
疑問に思ったことがあると思います。

今回はそんな「第一種低層住居専用地域」の
①特徴
②メリット&デメリット
③選ぶときの注意点
をお伝えします!

①特徴

3c15be3e5877230c2e22cca2cb7ff594_s
この第一種低層住居専用地域(以下、1低)は、
高さや面積など様々な制限が定められていて、
建物を自由に建てられるわけではありません。

建築物の種類が制限される
1低では良好な住環境を保護するため、騒音の可能性がある商業施設や、
安全面に配慮が必要な施設は建てられません。

【1低では建設が禁じられているもの】
・住宅を伴わない事務所や店舗
・ホテルなどの宿泊施設
・病院
・映画館、パチンコ店、ボーリング場、スケート場、プール
・工場
・駐車場

建築物の高さが制限される
建築が許可されている住居や小規模な店舗、
事務所兼住宅などの建物でも、高さの制限があります。
また、建物が密集しないよう「建ぺい率や容積率も制限」されています。

・高さ(上限):10mまたは12m
・敷地境界線から建物の距離:1m以上
・建ぺい率:30~60%
・容積率:50~200%
※自治体によって異なります。

「建ぺい率と容積率」ってなんだっけ!?
https://iesta.info/blog/tochi/14794/

1低は「平屋や2階建ての住宅、低層マンションがゆったりと立ち並んでいる地域」
想像してもらうといいかと思います!

②メリット&デメリット

woman-3602245_640

メリット
先ほどお伝えしたように、1低には建てられる建物、
そしてその高さが制限されています。つまり、

・騒音や治安の悪化など、さまざまなトラブルが起きにくい
・高層の建物がないため日当たりも良く、景色が遮られることがない
・「せっかく建てた家の前に、数年後大きなマンションが建ってしまった・・・」
というトラブルも起こりにくい

デメリット
メリットが多くある1低ですが、その特徴ゆえにデメリットもあります。

・スーパーやショッピングモール、飲食店、病院なども地域内に建てられないため、
買い物や病院に行く際不便になってしまう可能性がある
・学校は建設できるが高さに制限があり、小・中学校、高校に関しては建設しづらいため、
学校の近くに住むのは難しい場合がある

③第一種低層住居専用地域を選ぶときのポイント

pretty-woman-1509956_640
いかがでしたか?
第一種低層住居専用地域は、様々な制限があることから
「高級住宅街」と呼ばれることもあります。
ですが、そう呼ばれているからというだけで選ぶのは非常に危険です。

この地域を選ぶときには、

・周辺に何があるのか、必要な施設がどのくらい遠いのかを調べること
・近くにスーパー等がないため、クルマを利用することができるのか
・通勤や通学の手段、時間をチェックすること

などが必要です。

あなたのライフプランを考え、
【生活するうえで利便性と快適性、どちらを優先するのか】
を一度考えてみましょう!

家づくりサポーター 澤村彩花

土地探しバナー-300x208

家づくりサポーター 澤村彩花

澤村 彩花

熊本県八代市出身。大学卒業後は宮崎のテレビ局へ就職し、その後住宅業界へ転職。暇さえあれば筋トレ、ジョギング、ゴルフに励み、日々体を鍛えています。これまでフルマラソンは3度完走、ゴルフのベストスコアは102です!(100切るべく練習中です!)お酒も大好きで、街を一人でうろついていることも。