イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

デッドスペース反対!ランドリールームの活用法

clothesline-804812_640
こんにちは。山下です。

家づくりを進める中で、
各住宅メーカーがどんな家を作るのかとても気になりますよね。

完成見学会は各住宅メーカーの建てた家を確認する絶好の機会だと思います。
リビング・キッチン・和室など
どれくらいの大きさか、どんな素材で出来ているのか。
階段下収納や小屋裏収納などアイディアが光る場所のチェックが出来ます。

完成見学会で、ランドリールームが設置されている住宅もあるのではないでしょうか?
広めのスペースに清潔感ある壁や床が採用されている事が多く、普段家事をするお母さんにとって憧れる空間だと思います。

しかし、同時に疑問も出てきませんか?

「実際生活をする上でランドリールームは本当に便利?」
「時間が経つとデッドスペースになる事はない?」

今日は“ランドリールーム”に焦点を当て、
ランドリールームのメリットや活用法をご紹介したいと思います。

■ランドリールームの役割

washing-machine-2668472_640
ランドリールームとは、洗濯に関連した家事を行うスペースの事です。
洗濯、乾燥、アイロンがけ、畳む作業の一連の流れを一ヶ所で行う事が出来ます。洗濯機や乾燥機、物干し竿やアイロン台等の必要な家具家電を設置する場合が多いです。

■ランドリールームを設置する3つのメリット

love-3940745_640
では、ランドリールームを作る事でどのようなメリットがあるかご紹介したいと思います。

【1.家事の効率が良い】
洗濯に関連した家事の全てがランドリールーム内で完結。部屋の行き来をする事がないので、移動の手間を省く事が出来ます。

【2.洗濯物を干す場所に不便しない】
ランドリールーム内に洗濯物を干す事が出来るので、リビング等に洗濯物を干す場所を確保する必要がありません。室内なので雨、風、花粉、黄砂、排気ガスの状況に左右される事が無く、また、いつでも洗濯物を干す事が出来ます。外で洗濯物を干したい方は普段は外で、外で干す事が難しい際にランドリールームを利用する方法も可能です。

【3.整理整頓が可能】
ランドリールームを設けない時には、干した洗濯物を取り込む時ソファや床に一旦置くことがあります。また、アイロンがけをする時にも、アイロンやアイロン台を出す必要があります。その際はリビングに物が増えますが、ランドリールームがあればリビングに物が散乱する事がありません

 

■ランドリールームを設置する際に気を付ける2つのポイント

washing-machine-4120449_640
それでは、ランドリールームを作る!と決めた後、設置の際に気を付けて頂きたいポイントを2つご紹介します。

①配置場所
ランドリールームを作る時、配置場所をしっかりと確認する事をおすすめします。
家事動線と採光、日当たりを確認してみましょう。
ランドリールームをキッチンの近くに配置すると、家事を行うときに移動が少なく楽です。また、ベランダや庭のそばに配置すると、外に洗濯物を干した時は洗濯物を取り込んだ後すぐに畳む事が出来ます。
採光や通気、日当たりが良い南側に配置するとランドリールームで洗濯物を干すのにとても適します。

②広さ
ランドリールームの広さにも気を付けましょう。
ランドリールームは作業を行うのにとても便利な場所ですが、大きすぎても小さすぎても使いにくくなります。必要以上に広くすると、他の住居スペースが狭くなり寛げないという弊害が出ます。また、狭すぎると通気が悪く、洗濯物が乾くまで時間が掛かります。

いかがでしたでしょうか?
家事の味方の“ランドリールーム”。
しかし、本来の役割や気を付けるポイントを押さえておかなければ、使い勝手が悪くなりデッドスペースにもなりかねません。
しっかりポイントを押さえて組み込んでいきたいですね。

家づくりサポーター 山下

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 山下美月

山下 美月

熊本出身、熊本在住。2019年に広告代理店から住宅会社へ転職。現在は住宅展示場の販促を担当。一人暮らしをきっかけにホームセンターや雑貨屋へ通うのが楽しみ。住宅に興味を持ち始めたが、予想外に親から分譲マンションを譲り受けることになり早期断念。最近の悩みは名前(女優の山本美月さんと同名)のせいで高確率で“山本さん”と呼ばれる事…私の名刺ちゃんと見てますか??涙