イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

日本の住宅 注文住宅で【和室】を取り入れるメリットとデメリット

autumnal-leaves-2141946_640
こんにちは。山下です。

突然ですが、和室や畳は好きですか?
実家に和室があった方もいらっしゃるのではないでしょうか。生活していく中で畳は馴染みの深いものだと思います。

畳の匂いがホッとする。
なんだか落ち着く…。

そんな空間を作ってくれる和室。
ただ、注文住宅で間取りを考える際に設置するかどうか悩む人が多いのも和室。

「和室って取り入れた方が良いの?」

そう思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今日はそんな、日本ならではの住宅の間取り“和室”についてご紹介したいと思います。
和室のメリットとデメリットを見ていきましょう。

■和室のメリットとは

de857deb952cc225b654269a2d1f57f4_s
まず、和室のメリットから見ていきましょう。ここで3つご紹介します。

①様々な用途で利用できる
和室はシーンによって使い分けしやすい空間です。フリースペースとして和室を作っておき、臨機応変に使用するのも良いかもしれませんね。

【ちょっと疲れた時・休憩したい時】
フローリングであれば躊躇してしまうこともありますが、畳であればすぐ寝転がることができます。
また、クッション性があるので体への負担も少ないです。

【お客様が来たとき】
急なお客様や両親が来たとき、すぐ対応できるのも和室のいいところです。座布団を出せば客間として、布団を出せば寝室として対応できます。

【子供の遊び部屋に】
畳にクッション性があるので子供が怪我をする可能性が低く、子供の遊び場に適しています。また、広々とした空間は段差がないので寝かしつけも楽です。

②音を吸収する
和室の畳は吸音性能に優れています。畳の内部に空気の層が出来るからです。よって、子供が和室を使うと『子供が遊ぶ音』、もし、2階に和室を作るなら『2階の足音』が1階に響きません。生活する上でさらに快適に過ごす事が出来ます。

③湿度を調節
畳は空間の湿度が高い時は湿気を吸収し、湿度が低い時は湿気を放出する性質があります。これにより、夏は涼しく冬は暖かい空間にしてくれます。

■和室のデメリットとは

clean-3296013_640 (2)
それでは次に和室のデメリットを見てみましょう。

①メンテナンスに手間がかかる
畳の特徴として、傷つきやすく汚れやすいという事が挙げられます。ペットに引っかかれてしまったり、飲み物をこぼしてしまうと畳を傷めたりシミになる可能性があります。

畳は掃除機だけでなく雑巾掛けの必要もあり、また一定期間が過ぎると畳の裏表を変えたりもしなければなりません。

②家具を置くと跡がつきやすい
畳に重い家具を置くと、その脚の跡がついてしまった。
なんていう経験はないでしょうか。畳はやわらかい素材でできているため重い物を置くと跡がつきやすいです。

今では跡がつくのを防ぐ道具も販売されていますので事前に対策をしておくと良いかもしれません。

■和室を取り入れるプチアイディア

9f10799f87688bea4035b7a688b43701_s
それでは「和室を取り入れたいけど…」
と悩んでいる方へちょっとしたアイディアをご紹介します。これらのアイディアを取り入れることで
懸念点を払拭することができます。

『畳の汚れが気になる・掃除が面倒』
そんな方には畳の素材を“い草”ではなく“ポリプロピレン樹脂”にすることをお勧めします。
耐久性にも優れており、汚れ日焼け強いです。
また、カビ・ダニの発生元となる栄養素も含ませていません。よってお手入れもずっと簡単になります。

『畳にする程スペースに余裕がない』
そんな方は“置き畳”をチェックしてみてください。
置き畳はフローリングの上に置いて使うものです。
ちょっと子供をリビングで遊ばせたい時や昼寝をしたい時にまるで和室のように利用出来ます。好きな時に好きなところに出現する和室って素敵ですよね。

いかがでしょうか。
今日は和室についてそのメリット・デメリット、+αのアイディアをご紹介しました。
是非参考にしてくださいね。

家づくりサポーター 山下

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 山下美月

山下 美月

熊本出身、熊本在住。2019年に広告代理店から住宅会社へ転職。現在は住宅展示場の販促を担当。一人暮らしをきっかけにホームセンターや雑貨屋へ通うのが楽しみ。住宅に興味を持ち始めたが、予想外に親から分譲マンションを譲り受けることになり早期断念。最近の悩みは名前(女優の山本美月さんと同名)のせいで高確率で“山本さん”と呼ばれる事…私の名刺ちゃんと見てますか??涙