イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

違いの分かる人になろう!平屋の生活面・ハード面における5つの魅力

architecture-1477103_640
こんにちは。山下です。

家づくりをされている方、
一番のこだわりは何ですか??

収納の広さ?対面キッチン?バルコニー?

中には「平屋がいい!!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近、家づくりをされる方から平屋の需要が高まっています。平屋に特化した住宅展示場も出来ています。

では、何故このように平屋が人気なのでしょうか。
今回は平屋の魅力をご紹介したいと思います。

■快適な生活が叶う3つの魅力

1.家事導線がシンプルで効率が良い
washing-machine-2668472_640
2階がない為、大変な階段の昇り降りがありません。
各動線が短くなるので家事・生活範囲がコンパクトになり、移動も楽で家事もしやすくなります。

2.子育てに安心感が生まれる
baby-1151351_640
階段があると、子供が階段で転倒して怪我をするリスクが発生します。平屋であれば段差も極端に少なくなります。

また、平屋にすると1フロアでの生活になるので家事をしながらでも子供に目を届かせることが容易に出来るので安心して子供を一人で遊ばせることが出来ます。

自分が将来高齢になった際のバリアフリーもの対応しやすいのも魅力です。

3.家族のコミュニケーションが取りやすい
family-drinking-orange-juice-619144_1920
平屋だと家中を見渡せる為、家族が顔を合わせる機会が必然的に多くなります。

顔を合わせる機会が増えるのでコミュニケーションも十分に取れます。

子供が思春期になったとしても子供が家にいるかいないのか存在を感じる事もしやすいです。

■住宅のハード面の2つの魅力

1.構造的に強い
BO15103024151030245753_TP_V4
日本で住宅を建てる際にどうしても気になるのがその建物の耐震性です。

耐震性を考える際には重量がポイントとなってきます。重量が重くなると、地震が発生した際の揺れも大きくなります。平屋であれば2階部分の重量がありません。したがって、2階建てよりも平屋の方が揺れが少なくなります。

揺れが少なくなると、木材のズレが少なくなったり壁紙が破れる様な被害も小さくなります。

2.メンテナンス費用が安い
money-621349_640
住宅は購入後に定期的にメンテナンスの必要性が発生します。10年、20年と経過すると、外壁や屋根、バルコニー、建物部材など様々な箇所にメンテナンスが必要となります。

平屋は構造がシンプルなためにメンテナンスの項目が少なくなります。

また、2階建てであれば外壁や屋根の部分のメンテナンスの際に足場を組まなければなりません。平屋であればその費用は必要ないので安くなるというわけです。

いかがだったでしょうか?
平屋住宅の魅力を知って頂けたでしょうか。

さて、来週は平屋を建てる時の注意点をご紹介したいと思います。
家づくりサポーター 山下

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 山下美月

山下 美月

熊本出身、熊本在住。2019年に広告代理店から住宅会社へ転職。現在は住宅展示場の販促を担当。一人暮らしをきっかけにホームセンターや雑貨屋へ通うのが楽しみ。住宅に興味を持ち始めたが、予想外に親から分譲マンションを譲り受けることになり早期断念。最近の悩みは名前(女優の山本美月さんと同名)のせいで高確率で“山本さん”と呼ばれる事…私の名刺ちゃんと見てますか??涙