イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

【土地探し】日当たりがいい土地の注意点。南向きの土地は「視線」にご用心

pexels-photo-343720
こんにちは!續です。

あなたは、「いい土地」って聞くと、どんな土地を思い浮かべますか?いろんな基準があると思いますが、一例をあげると「日当たりのいい土地」というのは人気です。日当たりがいいか悪いかどっちがいいかと言われると、やはりみんな日当たりがいい方を選びますよね。敷地の南側に道路がある土地の場合、道路上には建物が建たないので家を建てた後もずっと日当たり良好な環境が維持されるからです。

分譲地の場合、このような土地が人気で、先に売れやすくなってます。でも、実は南向きの土地はメリットばかりではありません。デメリットも潜んでいるってご存知でしたか?逆に言うと、南向き以外の土地はデメリットが多いと思われがちですがメリットが上回る場合もあります。

南向きのデメリットは「視線」

南
南向きの土地の最大のメリットは、日当たりがいいということです。玄関も居室も、前にマンションでも建たない限り日当たり良好な状態が続きます。しかし、南向きはいいことばかりというような一般的なイメージがありますが、実はデメリットも隠されています。

南側の土地の場合、一般的にはリビング・ダイニングを南側に配置するため、道路に面する形となります。南側にあるので日当たりはいいですが、道路からの視線を遮る植込み等がなければ家の中が丸見えでカーテンも開けられない、なんてことにもなります。あなたも、そんな状態の家を見かけたことがあるんじゃないでしょうか?

南向きの土地が希望なのであれば、道路からの視線対策は必須です。

意外と多い北向きの土地のメリット

北
一般的に、北向きの土地は玄関の日当たりが悪く暗い、というのがデメリットとして挙げられます。また、南側に建物が建った場合、1階は日当たりが悪くなる可能性があります。なんだかんだで日本人は北向きの土地はダメな土地って思うフシがあるのもデメリットかもしれません。

でも実は、北向きの土地にはメリットもたくさんあります。北向きの土地の場合、北側に駐車場と玄関を配置して、南側にリビング・ダイニングを配置するのがスタンダードです。一般的に、日が当らない北側には大きな窓はつけません。「北向き」ということでの最大のメリットは、リビング・ダイニングが南側に来るから、道路からの目線を気にする必要がないことが挙げられます。

外部からの目線を気にする方には北向きの土地はおススメです。また、南向きよりも多くの場合値段が安い場合がほとんど。さらには、北側に駐車場があることで、真夏も車が直射日光に当たりません。車の寿命が長くなるなんてこともあり得ます。南側の建物との距離をとって日当たりを確保できるのであれば、お得に家づくりができるかもしれません。

いかがでしたか?ここに挙げているのは一般的なメリットとデメリット。周辺環境などによっては、当てはまらない場合もあります。あなたにとってどの土地が「一番いい土地」なのかは、一概には言えませんが、ただひとつ私が言いたいこと。

それは、土地を決めるときは、「南側の土地」っていう理由だけで決めないでください。

それぞれの土地のメリット・デメリットをよく見て検討することをおススメします。

家づくりサポーター 續大介

土地探しバナー

家づくりサポーター 續大介

續 大介

ファイナンシャルプランナー2級。2016年に住宅会社に転職。現在35才。現在は主に販促企画を担当。妻と、長男(5歳)次男(2歳)の子育て中。夜中は寝相が悪い長男のキックを受け、朝はゴキゲンな次男に顔をたたかれて目覚めるのが日課。元気いっぱいだから、私の顔に引っ掻き傷もいっぱい。