イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

住宅ローンは何歳まで借りられる?35年ローンを組むためのタイムリミットとは?

pexels-photo

住宅ローンって何歳まで借りられるの?」

こんにちは。丸本です。

住宅ローンは一般的に20~70歳まで借りることができます。そのため、40~50代になっても住宅ローンを借りることが可能です。

とはいっても、完済年齢は80歳未満(79歳まで)に設定している金融機関が多いようです。住宅ローンを返済していくには、できるだけ長い期間で返済していったほうが家計にも無理が出ません。

そのため住宅ローンは基本的に35年ローンで組むべきです。では、35年ローンを組むためには何歳までに住宅ローンを申し込む必要があるでしょうか?

35年ローンを組むためのタイムリミットは?

question-mark-2123966_640 (2)

先ほど住宅ローンの完済時年齢は80歳未満(79歳)までとお伝えしました。ということは、もし35年ローンを組むのであれば、「79-35」で44歳までがタイムリミットとなります。

しかし、「なんだ、44歳までなら35年ローンが組めるのか」と安心してはいけません。

44歳というのはあくまで“融資実行時の年齢”です。一般的に「融資実行時=物件の引渡し時」になります。もし土地から買って注文住宅を建てるということであれば、計画し始めてから物件の引渡しを受けるまで1~2年は掛かるでしょう。

ということは、注文住宅を建てて、35年ローンを組むのであれば、42~43歳くらいから計画を進めておかなければなりません。また、時間が無いという場合は建売住宅を選ぶという手もあります。

<一緒に読みたい記事>
住宅ローンを35年返済で組むのが不安な方へ。できるだけ長く借りたほうがいい3つの理由とは?

注意!住宅ローンの借入が遅くなる分、リスクも大きくなる

3008606349_59a0052679_z

44歳までなら35年ローンを組むことはできますが、とはいってもできるだけ早く借りて、返済を始めたほうがリスクは少なくなります。

なぜ早く借りたほうがリスクが少ないのか。その理由は3つです。

①健康状態が悪いと住宅ローンを借りられなくなる

まず、民間系の住宅ローンを借りる場合は団体信用生命保険への加入が必須になります。しかし団体信用生命保険は、健康に問題があると加入できません。そのため、団体信用生命保険の加入承認が得られないとなると、自動的に住宅ローンも借りれなくなってきます。

健康リスクは年齢が上がれば上がるほど上昇します。そう考えると、住宅ローンの借入は年齢が若いうちにしておいたほうが無難です。

②60歳以降の収入が不安定

企業勤めの場合、定年は60歳の会社がほとんどです。しかし、年金の支給は65歳からになります。となると、60歳で定年した場合、60歳から65歳までは収入がゼロに。

もちろん再雇用などがあれば収入がゼロにはなりませんが、定年前の収入を維持することは難しいでしょう。

60歳から収入がゼロ、もしくは大幅に減るとなると、それまでに住宅ローンの返済額を減らしておかなければなりません。しかし、44歳で借りたとすると、60歳までは16年しかありません。

返済期間が短いとその分月々の返済額も大きくなります。そうすると、家計に無理が出てしまいます。そうならないためにも、住宅ローンは早めに返済を始めたほうがよいでしょう。

<一緒に読みたい記事>
家を建てると老後の年金対策に?豊かな老後を送るためにあなたが今やるべきこと。

③もし年金支給開始年齢が伸びたら…

現在の年金の支給開始年齢は65歳ですが、今後その支給開始年齢が伸びる可能性もあります。

仮にもし70歳まで伸びた場合、60歳定年から10年間を過ごすための生活費が必要です。しかし、先ほどお伝えしたように定年前の収入を60歳以降も維持できる人とはごくわずか。

となると、60歳以降も働くとしても、収入の大幅ダウンを見込んで生活費の設計をしておかなければなりません。そういう状況の中、例えば住宅ローンで毎月8~10万円払わなければならないとなると、生活費を切り詰めながらの生活になってしまうかもしれません。

そうならないためにも60歳までにいかに住宅ローンの残高を減らしておくかが重要になってきます。

<一緒に読みたい記事>
住宅ローンを60歳までに返済を終えるべき3つの理由

いかがでしたか?

choose-the-right-direction-1536336_640

住宅ローンの借入時年齢と完済時年齢の関係についてお伝えしましたが、いかがでしたか?最後にポイントをまとめておきます。

○住宅ローンは70歳まで借りられる。完済は79歳まで。

○35年ローンを組むなら44歳までがタイムリミット

○健康状態や定年後の収入も考えると、住宅ローンの借入は早いに越したことはない

住宅ローンは70歳まで借りることはできますが、実際に70歳で借りる人は購入費用の大半を現金で賄うことになると思います。住宅ローンは早めに返済を終えて、老後の生活費のための貯蓄に回しましょう。

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

 

家づくりサポーター 丸本文平

丸本 文平

宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級
2012年に人材業界から住宅会社に転職。住宅会社では主に販促企画や「知って得するお金の勉強会セミナー」の講師等を担当。家族は妻とちーちゃん(娘/1歳3ヶ月※2016年現在)の3人家族。家では主に食器洗いと娘の歯磨きを担当。仕事にかまけず日々の子育てもしっかりやってるおかげで、ママとの「ちーちゃんこっちおいで」の勝率は7割を超える(もちろんそれ以外はママには勝てない)。