イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

家の中の寒さがからだに与える危険とその対策とは?

pexels-photo-879415
こんにちは!續(ツヅキ)です。

12月~2月は毎日寒い日が続きますよね。寒いとからだの不調がいろいろと出てきたりします。でも実は、冬の本当のダメージは「寒さ」そのものだけでなく「温度差」なんです。特にダメージが大きいのが家の中の温度差。

こんな経験ありませんか?
☑脱衣所やトイレが寒い
☑足元が冷えて家事がつらい
☑家の中でついつい厚着してしまう

リビングや寝室は暖かくても、そこから出ると寒いという経験は多いかもしれません。暖かい部屋とそうでないところの温度差は、実はからだに大きなダメージを与えてしまうものなんです。

これまでの日本の住宅では、なかなか防ぐことができませんでした。今日は温度差がからだに与えるダメージとその対策についてご紹介します。

冬の温度差によるダメージ

celsius-2125_640
①ヒートショックで命の危険性がある
ヒートショックとは、温度の変化によって起こる血圧の変動で、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす原因にもなります。
【温度差の例】
暖かいリビング(23℃)
温度差15℃
脱衣所(8℃)
温度差32℃
浴槽(40℃)

リビングからお風呂に入るまでに、急激な温度変化があることがわかります。温度差によって急激に血管が緩んだり縮んだりすることでヒートショックが起き、最悪の場合命の危険があるんです。

②「冷え」から来る様々な健康被害
キッチンなどはリビングと比べ温度が低く、家事をする人は足元が冷えたりしがちです。冷えは万病のもとと言われていますが、実際からだに様々なダメージがあります。

例えばこんなことです。
☑免疫力の低下
⇒ウイルス感染しやすくなります。
☑代謝が悪くなる
⇒疲労やだるさ、むくみの原因になります。
☑血行が悪くなる
⇒凝りや不眠の原因です。

断熱性能が高い家に住む

a60b12872b2cccc9fa6e3de3a30bf90d_s
こうしたダメージを受けないようにする対策としては、まず断熱性能が高い家に住むことが挙げられます。従来の日本の住宅では、どうしても家の中の温度差が出てしまう状態でした。

しかし、最近は技術の進歩とともに断熱性能が上がり、外の寒さの影響を受けにくい住宅も可能になっています。断熱性能が上がった結果、廊下や脱衣所と各部屋との温度差が少なくなり、ヒートショックのリスクを軽減できるようになってきました。

ただし、新築住宅のすべてがそうというわけではありません。これから家を建てるのであれば、できるだけ厳しい性能の基準をクリアした住宅をおススメします。

その基準は国が定めている「改正省エネ基準」です。2020年になるとこの基準を満たしているか満たしていないか、建築主に対して説明する義務が設けられる方針です。

この基準をクリアしている住宅会社であれば性能を重視し、健康にも気をつかった家づくりをしている会社と言えそうです。

ヒートショックのリスクを軽減するために、ぜひこうした会社で家づくりをすることをおススメします。

また、家の中の温度差が少なく、一定の温度をキープしやすい全館空調もおススメです。一部の住宅会社で取り入れているようですので、一度検討して見てはいかがでしょうか。

家づくりサポーター  續 大介

ワークショップバナー

家づくりサポーター 續大介

續 大介

ファイナンシャルプランナー2級。2016年に住宅会社に転職。現在35才。現在は主に販促企画を担当。妻と、長男(6歳)次男(3歳)の子育て中。夜中は寝相が悪い長男のキックを受け、朝はゴキゲンな次男に顔をたたかれて目覚めるのが日課。元気いっぱいだから、私の顔に引っ掻き傷もいっぱい。