イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

家を建てるのに最適な土地の広さとは?

pexels-photo-243722

こんにちは、長野です。

狭い土地と広い土地。
広さだけで考えるのであれば広いほうがいい!という人のほうが多いでしょう。でも、広ければ広いだけいいというわけではありません。

広い土地を購入すると、その分金額が大きくなったり土地の管理に手間がかかったりします。反対に狭い土地だと、間取りの自由が制限される場合や、そのために余計建築費用がかかることもあるんです。

ではある程度の希望を実現できる土地面積って一体どれくらいなんでしょうか?
今日は、家を建てるのに最適な土地の広さをご紹介します。

家を建てるのに必要な面積って?

chalkboard-2123965_640

家を建てるときに、こんな希望があるとします。

・広々とした庭でガーデニングを楽しみたい

・庭で子どもが遊べるスペースを確保したい

・2台分駐車できるようにしたい

などなど。

これらの希望を実現させるためには、最低限必要な土地面積を知っておく必要があります。日本の持家の平均延床面積の推移は平成5年から平成25年の20年間、大きな変化はなく約122㎡台という結果が出ています。

また、国がすすめる住生活基本計画では、居住面積水準を「25㎡×世帯人数+25㎡」としています。4人家族の場合で考えてみると、「25㎡×4人+25㎡=125㎡」となります。ほぼ実際の平均延床面積と同じなんです。

2階建ての延床面積を125㎡だとすると、1階の床面積は62.5㎡となります。でも実際には敷地境界線側の空地も必要ですから、3方の敷地境界線側の空地面積を少なめにみて20㎡とすれば、敷地面積の合計は82.5㎡となります。

駐車場や庭などに必要な面積

bd9e742130f7fc657f1595ded1fa4e14_s

次に、車2台分の駐車場に必要な面積を考えてみましょう。

普通車(プリウスのような縦に長い車)で4.5m×2.0m×2台=18.0㎡が必要となります。先ほど出した敷地面積82.5㎡と合わせると約100㎡となります。

法的な制限を考えずに、この100㎡で家を建てるとしたら、家と駐車場以外は何もなくて庭がつくれないどころか玄関までのアプローチ部分さえもつくれないことになってしまいます。

家を建てるのに必要な面積の100㎡に、アプローチを含めた小さな庭を30㎡(約10坪)とすれば敷地面積は130㎡(39.32坪)となります。そうなると、余裕を持たせて50坪の土地があれば最初に挙げた家を建てるときの希望は実現できそうですね。

まとめ

家を建てるのにちょうどいい土地の広さは50坪だということが分かりました。以上の計算に必要な面積はすべて少な目に見ているので、あくまで目安として考えてみてください。

広さの感覚が分からないという場合は、実際に土地を見に行くことをおすすめします。

 

家づくりサポーター 長野

 

土地探しバナー

家づくりサポーター 長野唯

長野 唯

2016年入社。現在はイベントの企画・運営などを担当。休みの前日は会社の同期とともに飲みに行くことがほとんどで、翌日は二日酔いを覚ましつつ建築やインテリア関連の雑誌を読んだり洋画(主にMARVEL)を観たりしてまったり過ごす。4人姉妹の一番下で根っからの末っ子気質。見た目も年齢より若く見られることが多くて得をしたり損をしたり…?