イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

失敗しない平屋を建てるのに必要な土地の条件とは?

lighted-beige-house-1396132
こんにちは!續(ツヅキ)です。

先日フリーペーパーを見ていたら、住宅会社の広告がたくさん出てました。そこにはたくさんの「平屋」とうワードが。

ここ数年、年齢が上の方だけでなく、小さい子どもをもつ若い世代の方からも平屋のお問い合わせを受けることが多くなりました。

平屋のメリットと言えば、代表的なのはこちら。
・階段がなくワンフロアだから移動がラク
・屋根に太陽光パネルがたくさん載るから光熱費の削減が可能
・住んだ後のメンテナンスが簡単

これはほんの一部で、他にもたくさんのメリットがあります。

平屋が人気なのも納得ですが、もし土地探しから始めて平屋を建てるのなら、土地探しには注意が必要です。場合によっては、2階建てを建てることはできてもあなたが希望する広さの平屋が建てられない可能性があるからです。

今日は平屋を建てる前にチェックしておきたい土地の条件についてご紹介します。

平屋に合う土地の3つの条件とは?

hook-881444_640

①家の広さが決まる!建ぺい率とは?

仮に60坪の敷地に同じ34坪の家を建てようとした場合、2階建ては建てられますが平屋だと建てられない場合があります。その理由は、建ぺい率の制限があるからです。例えばこんな条件の時です。

敷地面積:60坪
建ぺい率:50%

建ぺい率とは、敷地面積のうちどれくらいの割合を家の土台に使っていいか示すもの。これは叶わず守らないと行けません。このケースだと、30坪までが土台の部分に当たる面積となります。2階建ての34坪なら、総2階にすれば1階部分は17坪。1階は30坪まで建築できるので、総2階でなくても2階建てで34坪の家はできそうです。

一方、平屋の場合を見てみます。34坪の家を建てようとすると、建ぺい率の制限である30坪を超えてしまい建築できません。建ぺい率50%で34坪の平屋の家を建てる場合は、最低68坪以上の土地が必要ということになります。

つまり、平屋を建てるには2階建てを建てるより広い土地が必要な場合があるということです。土地が広くなると、その分金額も高くなりますので、事前に念頭に置いておきましょう。

②日当たりは大丈夫?

平屋の特徴のひとつは「フラット」であること。階段がないので、歳をとってからも安心な住まいなんですが、もし周囲に2階建ての家があると、陰になって日当たりが確保できなかったりするケースがあります。

仮に周囲に家が建った時に日当たりが確保できるか、という点も事前にチェックすべきポイントです。

③防犯対策はしっかりできる?

実は防犯上は平屋よりも2階建ての方がやや有利です。というのも、2階建ての場合は、寝室は2階ということが多いからです。

平屋の場合は生活のすべてが1階に集中するので、防犯面ではより十分な対策が必要となります。建物の配置や隣の家との関係で死角になりそうな場所がある場合、寝室を覗かれたりしないように植え込みなどで視線を遮る工夫が必要です。また、センサーライトをつけたりなどの防犯対策をしておくとよりいいです。

土地探しの段階でここまで考慮するのは大変ですが、建てた後の防犯対策として知っておきましょう。

まとめ

平屋にはたくさんのメリットがありますが、同じ広さの2階建てを建てる場合と比べて土地購入によりコストがかかる場合があります。また、フラットであることの裏返しでメリットがデメリットとなってしまう場合も。土地を見つけて平屋を建てる場合は、事前にこうしたことを頭に入れておいてくださいね。

家づくりサポーター 續大介

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 續大介

續 大介

宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー2級。2016年に住宅会社に転職。現在36才。主に販促企画を担当。妻と、長男(7歳)次男(4歳)の子育て中。やんちゃ盛りの息子たちと毎日にぎやかな毎日を過ごす。