イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

「分譲地」は区画選びが大事?方角で見るそれぞれの特徴と選ぶときのポイントとは?

08d7d9a725a8a5a0f9e54c362e51ca12_s

こんにちは、長野です。

家づくりを土地探しからはじめる場合、「分譲地」も候補に挙がるかと思います。

「分譲地」とは、業者などが一続きになっている土地を買い上げて、いくつかの区画に分けて販売する土地のことをいいます。分譲地は、学校や公園が近いことが多いので子育て世代には特におすすめの土地です。

分譲地のエリア選びも大事ですが、最適な土地選びをするためには、その分譲地内での区画選びもポイントとなってきます。

今回は、区画ごとの特徴をご紹介しながら選び方のポイントをお伝えします。

 

それぞれの区画の特徴って?

a31c6595688881c16efd950e1b1a08ce_s

①北側道路の区画
北側道路の区画は、ほかと比較して日照条件が悪いという理由から、避けられがちな土地です。しかし、南側にスペースを確保できるのであれば、道路を通る車の音や視線が気にならずに、プライベート空間をつくることができます。

②南側道路の区画
南側道路の区画は、日照条件がとても良く日当たりが良い土地として人気が高いです。その反面、リビングや庭を南側につくって洗濯物を干す場合は道路からの視線をさえぎる工夫が必要になります。

③西側道路の区画
西側道路の区画は、日照時間が長いので室内の明るさも長く確保できるというメリットがあります。午後も日当たりを確保できるので、冬場も他と比べて暖かく過ごせます。一方で、夏場は西日の入る時間が長くなるので、暑さをしのぐ工夫が必要となります。

④東側道路の区画
東側道路の区画は、朝の陽ざしを室内に取り入れられます。しかし、南側に家が建っていると午後の日当たりはあまり良くない場合もあります。夏場は直射日光を避けることができるので過ごしやすい土地ともいえます。アプローチや玄関を北側に寄せると、南側にスペースができて土地の特徴を活かした家を建てることができます。

 

分譲地の区画選びのポイントとは?

c68b8176cb04f0b109406086212474c6_s

①優先順位をつける
分譲地の区画選びでポイントとなるのは、家づくりのなかで何を優先したいかを決めることです。例えば、予算・日当たり・角地などなど。家族と話し合っていろんな条件の優先順位を決めることから始めてみましょう。

②現地や完成見学会へ行く
まずは、現地へ足を運んでみましょう。現地へ行くことで、分譲地全体の特徴を見ることができます。

また、分譲地内に建つ家の完成見学会が開催される場合もあるので、実際に入ってみて家の雰囲気を見るのも良いでしょう。そうすることで、総合住宅展示場のモデルハウスとは違った実際に住む家と近いものを見ることができて、家づくりのイメージもより明確になります。

 

いかがでしたか?人気の区画(南側道路の区画や角地)から購入される分譲地ですが、ネガティブなイメージを持たれがちな北側道路の区画も工夫次第では比較的コストを抑えて過ごしやすい家を建てることができます。

分譲地の区画を選ぶときに、今回のブログを参考にしていただけると幸いです。

 

 

家づくりサポーター 長野

 

 

土地探しバナー

家づくりサポーター 長野唯

長野 唯

2016年入社。現在はイベントの企画・運営などを担当。休みの前日は会社の同期とともに飲みに行くことがほとんどで、翌日は二日酔いを覚ましつつ建築やインテリア関連の雑誌を読んだり洋画(主にMARVEL)を観たりしてまったり過ごす。4人姉妹の一番下で根っからの末っ子気質。見た目も年齢より若く見られることが多くて得をしたり損をしたり…?