イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

建築条件付きの土地で家を建てることで得られる3つのメリットとは?

99b8cd5471dd38373bd7d72d9ca13095_sこんにちは!家づくりサポーターの、長田です。

皆さんは、土地の情報を調べている時に“建築条件付き”という言葉を見たことはありますか?

建築条件付きの土地とは、住宅会社が「この土地を買って家づくりをするなら、うちの会社で建ててくださいね」という条件を付けて販売している土地のことです。

…なんだかこの事だけを聞くと、どんなに理想の土地を見つけても建築条件が付いていたら「住宅会社が選べないなら、他の土地を探してみようかな…」と選択肢から外してしまうかもしれませんね。

しかし、実は建築条件付きの土地には、一般の土地にはないメリットもいくつかあるんです。

今回は、建築条件付きの土地を購入して家づくりをする時の3つのメリットを紹介します。

①立地がいいことが多い

6fea1b0179550d864b1281e3e7755e6f_s建築条件付きの土地は、前述したように住宅会社があらかじめ土地を購入して販売します。

一旦は住宅会社が土地代金を支払うことになるので、もしもその土地が売れなければ住宅会社にとってはお金のムダとなってしまいます。

そのような状況を避けるために、住宅会社は「ここは人気エリアだから確実に売れるだろう!」という立地のいい土地を購入して“建築条件付き”にすることが多いんです。

また住宅会社は、土地を販売する不動産会社とも密接に繋がっているので、まだ一般には公開されていない土地の情報も先取りして得ることができます。

そして人気の出そうな土地を見つけると、不動産会社に依頼して土地を確保し、建築条件を付けて販売することもあるんです。

家を建てる時に、立地の良さや暮らしやすさを重視する方には、建築条件付きの土地がオススメです。

②仲介手数料がかからない

b2e61d75735652ed7256af7f2345c341_s仲介手数料とは、不動産会社から土地を購入する時に、土地代とは別に不動産会社に支払う手数料の事です。

不動産会社は、土地の売主から「この土地の買い手を探してください」と依頼され、買い手が見つかれば取引の仲介をする仕事をしています。

依頼を受けてから実際に売却に至るまでに、土地の管理・広告の掲載・買い手候補のお客様への提案・土地の売買に関する手続きなど、様々な作業を行うため、そのことに対する報酬として、仲介手数料が発生します。

しかし建築条件付きの土地は、一旦住宅会社が購入していることで住宅会社自身が売主となるため、不動産会社が仲介として間に入ることは無く、仲介手数料は必要ありません。

仮に、住宅会社に「土地を探してください」と依頼して土地を購入する場合でも、住宅会社は建築条件のない土地の情報を得るために不動産会社に連絡をします。

そして、土地の売買の際には、住宅会社とお客様の間に不動産会社が入ることになるので、仲介手数料は発生します。

このように建築条件付きの土地は、仲介手数料がかからないという金銭的なメリットもあると言えます。

③ご近所さん付き合いが上手く行きやすい

babies-857470_640建築条件付きの土地の多くは、広い土地を複数に分けて販売する「分譲地」として販売されています。

なぜなら、最初から大きさや形が決まっている土地を1か所だけ購入して販売するよりも、広々とした土地を購入して、そこを自分達の売りやすいような大きさや数に分けて販売した方がお客さんに勧めやすくなるから。

分譲地には、周辺の家や道路が新しかったり、ゴミ捨て場が近くに設置してあったりというメリットがありますが、その中でも一番は「新しいご近所さん付き合いが始めやすい」ということが挙げられます。

分譲地ではない土地に家を建てる場合、既に出来上がっている地域のコミュニティに新参者として入って行くのは少し不安な気持ちになりませんか?

その点、新しい分譲地には同世代が集まりやすく、みんな同じタイミングで住み始めることになるため、ご近所さん付き合いが始めやすいんです。

年代が近い人が集まれば、子供たちが一緒に遊んだり学校に行ったりする幼馴染もできるので、楽しい生活が過ごせそうですね。

いかがでしょうか。

binoculars-100590_640今回紹介したように、建築条件付きの土地には普通の土地には無いメリットがあるんです。

土地探しをする時に「建築条件付き」という文字を見てもすぐに選択肢から外そうとせず、エリアや金額が希望に合っている時には、一度住宅会社に問い合わせをしてみましょう。

もしあなたが土地情報を調べながら「この土地いい!」と思ったのであれば、他の人も同じように考えていることがほとんどです。

「最初は資料請求から…」と時間をかけるうちに、場合によっては売れてしまっていることもありますのでご注意ください。

家づくりサポーター 長田

土地探しバナー

家づくりサポーター 長田圭史

長田 圭史

熊本県合志市生まれ。高校以降はキーボード担当としてバンド活動に青春を捧げたり、バスを運転して21歳で大型二種免許を取ったりするというちょっと変わった学生時代を過ごし、住宅会社に就職。
男4人兄弟の長男として育ったので、一見落ち着いているように見られがちですが、実は常にボケたくて仕方がない“小笑い製造機”
「周りを明るくするために、まずは自分から笑顔を発信しよう!」をモットーに、毎日なにかしらワクワクしながら生きているハッピー野郎です。