イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

資金計画が大事!注文住宅の予算を決めるためのポイントとは?

bank-notes-budget-business-12619
こんにちは!平尾です。

家族のライフスタイルを重視した、要望に沿った家づくりができる注文住宅は魅力的ですよね。しかし、購入予算を熟考しなければなりません。

自分たちの願望だけを優先させてしまい、無理な予算を組んでしまっては、せっかく建てた新居の住宅ローンの支払いに追われてしまい苦労する可能性も。

そこで重要になってくるのが資金計画です。注文住宅を建てるにはどれくらいのお金がかかるのか、どのくらいの資金を用意したらいいのかを把握しておきましょう。

 

資金計画が重要なワケ

7bc665af8aa166443e0cb16bbdb9dfc0_s
家づくりにかかる総費用は平均的に住宅の本体価格が全体の約70%、付帯工事費が約15~20%、その他諸経費が約5%~10%になります。

なので、仮に1,500万円の住宅を建てようと思ったら、プラス30%の金額を見なければならず、そこを見落としてしまうと予算オーバーになってしまいます。間違った資金計画のまま住宅購入を進めてしまうと、住宅ローンの返済が滞り、最悪新居を失うことにもなりかねません。

注文住宅を購入する際は住宅ローンを組むことがほとんどですので、資金計画成功のカギは住宅ローンを返済していけるかにかかっています。自己資金を多く用意できれば、毎月の返済額も少なくすることができます。資金計画はあくまでも余裕を持って考えるようにしましょう。

 

資金計画の進め方

icatch0698132ab7c7a26667f133a01b2ba7b1_s
・諸費用を含めた工事費用の内訳を把握

住宅を建てる際にかかるお金は、建物の本体工事費のほかに、電気設備やガスなどの付帯工事費、引っ越しや住宅ローンの手数料などの諸費用がかかります。本体工事費:付帯工事費:諸費用の割合は7:2:1ほどになります。

・住宅ローンで借入可能な金額の確認

住宅ローンは無理なく返済できることが重要です。現在の住まいでかかっている費用を目安に、いくらなら返済できるのかを計算してみてください。

・各種住宅ローンを比較してみる

住宅ローンには銀行や信用金庫などからの融資である民間ローンと、公的ローンがあります。それぞれのローンの特徴を知り、自分にあった住宅ローン商品を選びましょう。

 

まとめ

不動産 売買 家 売る 費用
資金計画は、住宅購入にかかる費用の内訳を知り、どのように資金調達ができるのかを検討していくことが重要です。無理のない返済額で計画的に返済できれば、生活の心配をすることなく、新居での生活を楽しむことができるのではないでしょうか?

逆に、無理な返済のために、いつも不安にかられながら新居での生活を続けていくのは、とてももったいないことです。マイホームの購入の目的は、今よりもっと充実した生活を送るためだということを忘れずに。

 

家づくりサポーター 平尾諒太

 

家づくりサポーター 平尾諒太

平尾 諒太

熊本県熊本市生まれ。熊本県立大学文学部卒。現在26歳。現在は妻と二人暮らし。一人っ子として両親に溺愛?されて育つが、実家がマンションのため小学生の頃は年下の子達と毎日のように遊んでおり、「弟や妹がいそう」とよく言われる。体を動かすことが好きで、小学生から大学までサッカーと大学時代はスポーツクラブでバイトに明け暮れる日々。ドライブが大好きで、帰宅時もわざわざ遠回りして帰ることもしばしば...。