イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

共働き夫婦なら住宅ローンの借入額を増やして大丈夫?

housebuilding-1005491_640
こんにちは!續(ツヅキ)です。

家づくりを考えるときの大事なポイントの一つに予算がありますよね?ほとんどの人が住宅ローンを借りるので、住宅ローンをどれだけ借りられるかが家の予算に大きく関わります。

夫婦のうちどちらか一方の収入をもとに住宅ローンを借りるケースもありますが、もし夫婦共働きなら収入合算やペアローンを組むという方法もあります。単独で借入する場合と比べ、より多くの借り入れをすることができるため、希望する家を手に入れやすくなります。

しかしその反面、事前に知っておくべき注意点も。今日は収入合算する場合やペアローンを組む場合の注意点をご紹介します。

「収入合算」「ペアローン」とは?

affection-1853650_640
収入合算とは、ローンを申し込む人の収入に同居する配偶者や親の収入をプラスするものです。ペアローンとは、夫婦2人でそれぞれ1本ずつ、計2本の住宅ローンを借り入れるというものです。

この方法を採用するメリットは大きく分けて2つあります。
①借入額を多くできる
金融機関は、住宅ローンを借りたい人の収入をもとに「年収に対してこれくらいなら返済可能だろう」と思われる貸し出し可能額を算出します。収入合算もペアローンも、ベースとなる収入を多くすることができるので、より多くの借り入れが可能になるというわけです。

希望する家を建てるためにもう少し多くの予算が欲しいという場合などは、こうした方法をとることができれば大きな武器となります。

②返済期間を短くすることができる
2人で返済することで、1人で返済するよりも多くの額を返済することが可能です。その結果、返済期間を短くし支払う利息を少なくすることができます。つまり、総返済額を少なくできるということです。

注意点は?

a60b12872b2cccc9fa6e3de3a30bf90d_s
ここまで見ると、収入合算やペアローンはメリットばかりのように見えますが、実は注意したい点があります。それは、「住宅ローンを返済している間は共働きを続ける覚悟がいる」ということです。

収入合算やペアローンで借入額を増やした場合、返済額もその分多くなります。もし返済期間中にどちらか一方が仕事を辞めてしまったら、1人の収入で多くの返済に追われることになるかもしれません。

そのため、返済は2人で行うという覚悟が必要なんです。もし将来的にどちらかが仕事を続けられなくなる可能性がある場合は、収入合算やペアローンを組むとしても借入額は極力増やさないほうがいいです。

まとめ

今日は収入合算やペアローンを組む際の注意点をご紹介しました。共働き世帯にはメリットもある方法ですが、将来的な注意点も事前に知ったうえで借入額を検討してみてくださいね。

家づくりサポーター  續 大介

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 續大介

續 大介

ファイナンシャルプランナー2級。2016年に住宅会社に転職。現在36才。現在は主に販促企画を担当。妻と、長男(6歳)次男(3歳)の子育て中。夜中は寝相が悪い長男のキックを受け、朝はゴキゲンな次男に顔をたたかれて目覚めるのが日課。元気いっぱいだから、私の顔に引っ掻き傷もいっぱい。