イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

住宅ローン「ペアローン」は共働き世帯にオススメなのか?特徴や注意点などをご紹介!

こんにちは!松浦です。

近年は夫婦共働き世帯がどんどん増加しています。夫婦共働き世帯が、専業主婦のいる世帯の数を上回ってから10年以上経過しました。

まだ夫婦共働き世帯の割合は増加傾向にあり、それに伴い新築一戸建て購入時の住宅ローンの借り方にも変化が出ています。

専業主婦のいる世帯が多い時は、働いているご主人の名義のみで借りることが一般的でしたが、共働き世帯が増加してから、ご夫婦連名で借りる家庭が増加してきています。

ご夫婦連名で住宅ローンを借りる時の方法はいくつかありますが、その中でも今回は「ペアローン」について、商品の特徴やメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

「ペアローン」とは?

freestocks-org-132631-unsplash
ペアローンとは、夫婦がそれぞれ住宅ローンを契約し、各々の収入に応じた金額を借り入れます。

夫婦それぞれが個別に契約するため、2つの契約を結ぶことになります。

「ペアローン」のメリット

icatchwoman-kitchen-man-everyday-life-298926
ペアローンにすることで得られる最大のメリットは、借入金額が単独時よりも増える可能性があることでしょう。

ご主人もしくは奥様の単独の収入では希望の物件の購入金額に届かない時に、ペアローンをすることで借入金額に上乗せすることができます。

また、ご主人と奥様どちらとも住宅ローンの契約者(債務者)なので、住宅ローン控除などの補助金も2人とも対象者となり、単独での住宅ローン契約時よりも多くの補助を受けることができオトクです。

住宅ローンを2つ契約するので、それぞれの金利プランを変えることができます。例えば変動金利と固定金利の組み合わせで、リスクを抑える受託ローン設計が可能になります。

「ペアローン」のデメリット

e6a7fb68514a27113d2b571ab25e6de8_s
住宅ローンの契約が2つになるため、登記も2つ必要になります。それによって登記手数料や事務手数料が2つ分必要になってきます。

ペアローンにするということは、どちらともある程度安定した収入があることが条件となってきます。

子供が産まれたり、ご夫婦どちらかの転勤・転職など、ライフスタイルの変化によって働き続けることが困難になった場合、収入減により住宅ローン返済が苦しくなってしまう可能性があります。

ご主人と奥様どちらも債務者なので、団体信用生命保険(※1)はどちらも利用することができます。

※1「団体信用生命保険」とは、住宅ローンの契約者が死亡した時に、残りの住宅ローン残高が0円になる生命保険の一種。

しかし、万が一ご主人が亡くなった場合、ご主人の返済額はなくなりますが、奥様の返済額はそのまま支払い続けなければなりません。

まとめ

family-toddler-hapy-happy-people-childhood
いかがでしたでしょうか?

今回は「ペアローン」について、商品の特徴やメリット・デメリットをご紹介してきました。

住宅ローンの商品は、ペアローンの他にも多くの種類があり、それぞれ特徴がことなります。

ですので、住宅ローンでの借り入れをご希望されるのであれば、それぞれの商品の特徴をおさえ、あなたの家族構成やライフスタイルにあった商品を選択し、賢い支払い計画をご検討していただければと思います。

家づくりサポーター 松浦征久

松浦

幸せな家族とそうではない家族、違いを生んだ決定的な理由とは?

家づくりサポーター 松浦征久

松浦 征久

熊本県天草市生まれ。長崎大学経済学部卒。通称「まっつぁん」。日頃は録画したTVを観ながら、SNSチェックやゲーム、読書、家事などをこなす暇が嫌いな多忙不器用人間。TVはドラマやアニメ、バラエティ、経済番組など週に30 チャンネルほど録画しているので残りの録画容量が心配でハラハラする日々。基本ツッコミ役だが、たまにボケると安定して“スベリ芸”を発動。低確率で必殺技“カミカミ芸”や“言いまつがい”が発動し大逆転することも。