イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

オープンハウス(完成見学会)で質問すべき3つの事

273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_s

こんにちは!家づくりサポーターの永江です。

オープンハウス。完成見学会。おうち見学会。いろんな名称で呼ばれてますが、完成したお家をお引き渡し前の一定期間お借りして、色んなお客様に見てもらうイベントのことですね。

展示場やモデルハウスを持たない会社さんにとっては、こういったイベントがお客様との商談の場になることも多いので、大々的に広告を入れたりしてます。

なので、こういった見学会に行ったことがあったり、実際に行ったことはなくても「行ってみたい」と思ってる方も多いのではないでしょうか。

でも、こういう見学会も『見て終わり』では意味がありません。展示場やモデルハウスとは違い『等身大』の家を見れるのが見学会のメリット。

今回は見学会に行った時にするべき、効果的な3つの質問についてお伝えします。

質問その①『家族構成は?』

5f5e8fd4a182aca038dd2df8d52d59c9_s

まず大前提として理解しておいてほしいことがあります。それは『他の誰かが、自分たちの夢や理想の暮らしを叶えるために建てた家』を見学させてもらうということです。

見学会でお客様とお話しして、よくこんな言葉を聞くことがあります。『自分の趣味とは違うから参考にならないなぁ…』。でもこれ、当り前なんです。

あなたとは違う環境で生活し、家族構成も違い、どんな暮らしをしたいかの価値観も違う。そんな他の誰かが建てた家が、あなたが建てたいお家と一緒のはずがありません。

だから見学会でお家を見る時は、そのお施主様がどんな家族構成で、どんな暮らしをするのかを想像しながら見学してみてください。だからまずはそのために、お施主様の家族構成を質問しておく必要があるんですね。

『小学校のお子さんがいるから、玄関から直接洗面室に行ける間取りなんだ』とか、『ここで洗濯して、ここで干して、ここで畳んで、ここに収納するんだ』とか。

その家族のことを知って、その家族の暮らしぶりをイメージする。それが見学する時の大事なポイントです。

質問その②『どんな希望があって、この間取りになったの?』

architectural-design-architecture-blueprint-239886

ご家族のことを知って、どんな暮らしをするのか。それを知ったら、次はこんな質問をしてみてください。

『お施主さんにどんな希望があって、こんな間取りになったんですか?』これで住宅会社の提案力を見てみるんです。

お施主様は、家の専門家ではありません。「こういった間取りにしたい」というイメージを具体的な言葉にするのも難しいものです。設計士は、お客様の抽象的なイメージをヒアリングして間取りとして形にするのが仕事なんですね。

なので、お客様が家をつくるにあたって特に強くこだわった点や、どんな希望があったのか、そのこだわりがどういう風に間取りに反映されたのか。そういった部分を質問してみると、その会社の提案力が自ずと見えてくるでしょう。

質問その③『このお家、いくらですか?』は聞く必要なし

3e36cd2a3ae5bf407ae52b18daea8b82_s

『このお家、いくらですか?』って、やっぱり気になりますよね。私がお客様とお話ししてても、必ず聞かれる質問の1位です。

でも、ちょっと待ってください。これも、先ほどと同様、他の誰かが建てた家であり、あなたが建てる家ではありません。そのお家の金額を聞いても、大体の参考にしかならないんです。

本当に大事なのは、あなたが建てる家がどれくらいの金額になるのかということですよね。

そこで金額が気になるなら、こんな風に質問してみてください。

『予算は○○万円なんですけど、広さはこのお家と同じ(狭い・広い)くらいで建ちますか?土地、諸費用も込みの予算です。』

その質問から、あなたの家を建てるために必要な正確な予算組みや土地の探し方などを住宅会社のスタッフが教えてくれるでしょう。こうなれば、あなたの家づくりは一気に進みます。

まとめ

アイディア

見学会では以上のような聞いておくべき3つの質問があるんですね。この質問をした上で、その家族の暮らしぶりをイメージしながら見学するのがポイントです。

せっかく見学会に参加するんなら、見るだけで終わらず有意義な見学会にしてくださいね。それでは、また。

家づくりサポーター 永江弘輝

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 永江弘輝

永江 弘輝

2013年に医薬品メーカーから住宅会社に転職。約二年の住宅営業マン経験の後、現在はイベント企画の立案・運営を担当。もっぱらの楽しみは、毎晩の晩酌。ビールしか飲まない。そのおかげで、29才にも関わらず毎年の健康診断で肝機能の数値にビクビクしている。