イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

子育てしやすい環境はどっち?子育て世代の目線で考える、一戸建てと分譲マンションの3つの違い

家 寿命 建替え 住み替え

こんにちは!平尾です。

いきなりですが、私もうすぐパパになります。

「ありがとうございます。」

言いたくなったので、先に言わせていただきました(笑)もし、シアーズホームグループのショールームや展示場、見学会、イベントなどでお会いした時に覚えていらっしゃれば、お声かけ頂けると大変喜びます。

私の話はさておき、子育て世代の方でこれからマイホームを購入しようとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?私もまだ先の話ですが、一戸建てと分譲マンションはどちらの方がいいんだろうと考えることがあります。

マイホームを検討している方で私と同じような悩みをお持ちの方も少なくないのでは?そこで今回は子育て世代の目線から一戸建てと分譲マンションの違いにアプローチしていきたいと思います。

 

まずは音の問題から

 

bb4cd29e2616dfa61fd38640b8aa4050_s
子育てをする中で一番気にされるであろう問題が“音”ではないでしょうか?

マンションの場合、隣・上下と部屋が壁や天井、床でしか区切られていないため生活音に気を使いながら過ごすことになります。自分が気を使っていても、隣家から聞こえてくる生活音も考えなければなりません。

マンションではお子さんの夜泣きや走り回る音など気を使わなければならないことが多々あります。また、お子さんが習い事で楽器を始められたならば、防音加工されていない限り家での練習も難しいですよね。

それに対して一戸建ては周囲の住宅に最低限の配慮は必要ですが、マンションほど神経質に音に関しては対処しなくても良いというメリットがあります。お子さんが走り回って足音を立てても、下の階に他人がいるわけでありませんので迷惑をかける心配はありません。

楽器の演奏に関しても、どれだけ隣の家と近い場合でもくっついているわけではないので、爆音でない限り問題にはなりにくいです。もし、問題になってしまっても防音対策を加えることは費用はかかってしまいますが、マンションに比べると容易ではないでしょうか。

 

防犯性の問題

 防犯 センサー ライト 人感

次に、防犯性について比べてみます。

マンションの場合、オートロックや防犯カメラ、管理人が巡回しているなどセキュリティがしっかりしている物件が増えてきています。これらは共用部での対策になりますので、住人が直接設置する費用を負担する必要がないのは良いですよね。また、集合住宅で人の出入りも防犯に繋がると考えられます。しかし、マンションの住人を装って侵入してくるというパターンもありますので、注意が必要です。

一戸建ての場合、対策をしていないと防犯性は低いと言わざるを得ません。しかし、対策次第で防犯性の強化は可能です。防犯性を強化したいと思えば自由に対策が出来るのは一戸建てのメリット。防犯カメラの設置や、ピッキングされにくい最新の鍵を導入するなど防犯対策は様々です。

 

駐車場や庭などの屋外環境

 IB⑥-2

マンションはバルコニーがついている場合がほとんどです。ルーフバルコニーや庭付きマンションなど庭として利用可能なスペースが確保されている物件もあります。しかし、洗濯物干しや椅子を置ける程度のスペースしかない物件も多くみられます。その場合、お子さんが外で遊びたいとぐずってしまうと、公園に出向かなければなりません。マンションに公園があっても下まで降りて行く必要があります。また、駐車場を分譲にして購入できる物件もありますが、ほとんどの場合は賃貸形式で毎月駐車場代を払うことになります。

 

一戸建ての場合、庭を設けるスペースさえあれば、自分が好きなようにアレンジ出来ます。庭でお子さんを遊ばせることも出来ますので、わざわざ公園に出向く回数も少なく済むかもしれません。さらに一戸建てでは駐車場のスペースを考えて家づくりをされることがほとんどですよね。駐車場を設けていれば費用もかかりませんし、たくさん買い物をした時に車から室内までの距離も近いので荷物の持ち運びも楽になります。

 

まとめ

c0aae306029e52d28382044d9ed4be3a_s
今回は一戸建てと分譲マンションの違いを子育て世代の目線からご紹介しました。

それぞれにメリット・デメリットがありますし、ご家庭によってライフスタイルも異なりますので、購入後の生活パターンを想定してどちらが向いているのか判断する必要があります。

失敗は避けたいマイホームの購入は、様々な面から優先順位を決めて検討すること、住宅会社、不動産会社の担当者にしっかりと相談することが大切です。

資産価値や価格で本当に良い住宅は決まりません。重要なポイントでもある家族の住み心地を考えることをお忘れなく!

家づくりサポーター 平尾

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 平尾諒太

平尾 諒太

熊本県熊本市生まれ。熊本県立大学文学部卒。現在26歳。現在は妻と二人暮らし。一人っ子として両親に溺愛?されて育つが、実家がマンションのため小学生の頃は年下の子達と毎日のように遊んでおり、「弟や妹がいそう」とよく言われる。体を動かすことが好きで、小学生から大学までサッカーと大学時代はスポーツクラブでバイトに明け暮れる日々。ドライブが大好きで、帰宅時もわざわざ遠回りして帰ることもしばしば...。