イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

注文住宅で予算オーバーしないためには?費用を抑える3つの方法

money-2724248_640

こんにちは!平尾です。

注文住宅で家を建てる場合、ご家族の理想の家になるよう様々な要望を詰め込んでいきたいですよね?

そこに立ち塞がるのが予算の問題!

出来るだけ理想に近づけたいけど、予算はここまでという風に家づくりでは理想と予算という現実の葛藤が付き物のようです。

注文住宅を建てる上で、理想を出来るだけ取り入れ、費用を抑えられる部分は抑えて後悔しない家づくりを進めていきたいですよね。

そこで今回は、予算を上手に抑える3つの方法をご紹介します。

 ①家の形をシンプルにする

icatch9f734de45b6f44aa78b2d7e20b671c2a_s

家はシンプルな形ほど費用が抑えられることが多いのです。

例えば凹凸の多い家ほど外壁の量も多くなってしまい、その分の費用がかかってしまいます。2階建ての家で1階と2階のつくりが違う場合も、同様のことが言えます。

2階建てで費用を抑えるには、シンプルな形で材料等の無駄がほとんどなくなる四角い形をした総2階の家がおすすめです。

総2階がシンプルすぎて個性が出せないという場合は、一部の外壁を色や外壁材を変えて、アクセントを入れてみると良いかもしれませんね。

 ②子ども部屋を出来るだけシンプルにする

pexels-photo-860538

お子さんがいるご家庭では、お子さんに個人の部屋を持たせてあげたいとお考えの方が多いのではないでしょうか。

かわいいお子さんにも良い部屋を作ってあげたいと思われるかもしれません。しかし、将来的なことを考えると、お子さんは大きくなれば独立して子ども部屋は物置や空き部屋になる可能性があります。

せっかくおしゃれな部屋なのに物置になってしまっては、もったいなく感じてしまうかもしれません。なので、子ども部屋には最低限ベッドと机、収納が置ける広さにしておくことで、費用を抑えることが出来ます。

お子さんが2人以上の場合、お子さんが小さいときは広い1つの部屋として使用し、将来間仕切りして部屋を分ける方法があります。そうすることで、部屋の壁を減らし、費用削減につながります。

 ③バルコニーの広さを最低限に

porch-691330_640

意外と費用がかかってしまうバルコニー。しっかりとした防水工事や住み始めてからのメンテナンスなどにも費用がかかってしまいます。

そうはいっても広いバルコニーを理想としている方が多いのも事実です。しかし、洗濯物を干す場所を1階に確保出来るようであれば、バルコニーは生活に事足りる広さに留めておいても良いのではないでしょうか。

様々な使い方が出来るバルコニーではありますが、家族で使用方法を話し合って、本当に必要な広さかしっかり判断する必要があります。

まとめ

ca2e4a07f45bab8f0f1de5ed2efea4c1_s

いかがでしたでしょうか?

理想に近づけたい注文住宅ですが、家づくりでは予算との兼ね合いに苦労することも。今回ご紹介したもの以外にも検討次第では費用を削れる項目もあります。

費用をかける所、費用をかけない所をしっかりと家族で話し合い、家づくりを進めていきましょう。迷ってしまった場合は、住宅会社担当者に相談してみてください。これまでの事例を踏まえて、色々と意見を出してくれるはずです。

後悔しない家づくりはお金だけじゃないということを忘れずに!

家づくりサポーター 平尾

家づくりサポーター 平尾諒太

平尾 諒太

熊本県熊本市生まれ。熊本県立大学文学部卒。現在26歳。現在は妻と二人暮らし。一人っ子として両親に溺愛?されて育つが、実家がマンションのため小学生の頃は年下の子達と毎日のように遊んでおり、「弟や妹がいそう」とよく言われる。体を動かすことが好きで、小学生から大学までサッカーと大学時代はスポーツクラブでバイトに明け暮れる日々。ドライブが大好きで、帰宅時もわざわざ遠回りして帰ることもしばしば...。