イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

失敗しない平屋暮らしのために知っておきたい4つのポイント

pexels-photo-1030555
こんにちは!續(ツヅキ)です。

ここ数年人気と言われている平屋住宅。熊本では去年平屋だけの住宅展示場もオープンし、多くの方が来場されているようです。

☑ワンフロアなので家事などの移動がラク
☑歳をとってからでも住みやすい

このようなことが人気の理由なんですが、事前に知っておくべきポイントがいくつかあります。例えば、平屋は金額が安く建てられそう…と思っている方が多いようですが、実はそうではありません。平屋のすべてが暮らしやすいわけではなく、注意点を知って作った家が暮らしやすい家です。

平屋を建てなければよかった…なんて後悔をしないために、知っておきたい4つのポイントをご紹介します。

4つのポイントとは?

0965cbe1cc386dd9206bae8d5d9a6a8d_s
①土地代が高い
平屋の場合、2階建てよりも広い土地が必要になります。例えば、家族4人の場合、2階建てなら1階にLDK、各個人の部屋は2階に設けることが多いです。

でも平屋の場合はワンフロアにすべての部屋を設けることになるのでその分建築面積が広くなり、土地もその分広さが必要になり、土地代も高くなってしまう…というわけです。2階建てよりも土地代が多くかかる可能性があることをあらかじめ頭に入れておきましょう。

 

②2階建てよりコストが高い

土地代だけでなく、建築コストも高くなります。なぜかというと、先ほどお話したように平屋は1階に生活に必要なすべての要素を入れる必要があります。その分1階の基礎の面積が増え、屋根の面積も増えるからなんです。

家づくりの費用の中で意外と高い割合を占めるこうした部分の面積が増えることで、2階建てよりも建築コストが上がってしまいます。

 

③収納が少なくなりがち
土地や費用面だけでなく、実際に家の中で生活する上でも注意すべき点があります。それは、平屋は収納が少なくなるケースがあるということ。
ワンフロアにすべての要素が必要なため、収納よりも居室が優先されてしまうことがあるからです。

対策として、ロフトや小屋裏収納を作ることで季節ものの大きな荷物(冬物の布団や扇風機など)の収納スペースを確保することができます。

 

④防犯対策は念入りに
2階建てと違って、平屋はどの部屋も周囲から入りやすいというのは注意すべき点です。寝室も1階で周囲から見えやすいため、フェンスや植物で目隠しをするなどの対策をした方がより安心できます。

同じワンフロアでの暮らしと言っても、マンションと一戸建てとでは周囲を取り巻く環境が違います。平屋での暮らしは防犯対策もセットで考えるようにしましょう。

まとめ

pencil-1209544_640
今日は平屋暮らしのために知っておきたい4つのポイントをご紹介しました。費用面や実際の暮らしで、平屋ならではの特徴があります。先ほど屋根の面積が増えコストも増えるとお話しましたが、屋根の面積が広い分太陽光パネルを設置しやすくエコな家づくりができるという見方もできます。

注意点を知って計画を立てれば、満足いく平屋暮らが可能に。様々な角度から比較検討し家づくりを進めてみてくださいね。

家づくりサポーター  續 大介

家づくりサポーター 續大介

續 大介

ファイナンシャルプランナー2級。2016年に住宅会社に転職。現在35才。現在は主に販促企画を担当。妻と、長男(6歳)次男(3歳)の子育て中。夜中は寝相が悪い長男のキックを受け、朝はゴキゲンな次男に顔をたたかれて目覚めるのが日課。元気いっぱいだから、私の顔に引っ掻き傷もいっぱい。