イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

住宅ローンの「親子リレーローン」とは?特徴やメリット・デメリットをまとめてご紹介!

こんにちは!松浦です。

住宅購入時の、費用の支払い方は大きく分けて、現金支払いと住宅ローン支払いの2種類があります。

ほとんどの方が、住宅ローンを利用しています。

ひとえに住宅ローンと言っても、金融機関の違いや商品の違い、金利の違いなどがあり、各ご家庭にあったものを選択する必要があります。

その中で今回は、おそらく二世帯住宅購入のご家族が多く利用するであろう「親子リレーローン」について、特徴やメリットデメリットをご紹介していきます。

「親子リレーローン」とは?

e19b2ec2db960ad1e1fd35eceaeb5f4c_s
親と子供で住宅ローンを組むことで、親子2代に渡ってローンを返済できる住宅ローンのことです。

先に親が住宅ローンを支払い、定年後などのタイミングで返済者を子供に移し、残りの返済金を支払っていく流れになります。

「親子リレーローン」のメリット

pexels-photo-684385
一番のメリットは、親が50~60歳代で比較的高齢で、通常では35年間で住宅ローンを組めない場合でも、親子リレーローンであれば可能になることです。

一般的に住宅ローンを申し込む際には「完済時の年齢が80歳を超えないこと」という条件がありますが、親子リレーローンの場合、子供の年齢を基準にしますので、ローン申込時の子供の年齢が45歳以下であれば、35年間返済が可能になります。

親世帯と子世帯でローンの負担を分けることができ、家計にもやさしいローンになります。

ローン借入可能金額も、親だけもしくは子供だけで審査するよりも、多くの金額を借りることが可能になる場合もあります。

「親子リレーローン」のデメリット

427f2b5a616064d3119283b8e597781b_s
団体信用生命保険への加入は金融機関等で異なり、子供だけのパターンの場合、万が一親が亡くなっても債務は残りますので注意が必要です。

金融機関によっては、親と子供が「同居している」または「同居する予定」でなければ、親子リレーローンが使えない場合がありますので、確認が必要です。

親子リレーローンは、返済計画の変更が難しく、家族数の変更やリストラや転職等による勤務先の変更などの問題が起きても、家計の負担が重たくなってしまう恐れもあります。

まとめ

もらう?借りる?住宅資金を両親・祖父母から援助してもらうときの2つの注意点とは?
いかがでしたでしょうか?

今回は「親子リレーローン」について、特徴やメリット・デメリットをご紹介しました。

借入金額が増えたり、借入期間を長くできるメリットがありますが、もしもの場合の問題もあります。

あなたの家庭環境と親子リレーローンの特徴をしっかりおさえたうえで、選択するかどうかご検討していただければと思います。

家づくりサポーター 松浦征久

松浦
幸せな家族とそうではない家族、違いを生んだ決定的な理由とは?

家づくりサポーター 松浦征久

松浦 征久

熊本県天草市生まれ。長崎大学経済学部卒。通称「まっつぁん」。日頃は録画したTVを観ながら、SNSチェックやゲーム、読書、家事などをこなす暇が嫌いな多忙不器用人間。TVはドラマやアニメ、バラエティ、経済番組など週に30 チャンネルほど録画しているので残りの録画容量が心配でハラハラする日々。基本ツッコミ役だが、たまにボケると安定して“スベリ芸”を発動。低確率で必殺技“カミカミ芸”や“言いまつがい”が発動し大逆転することも。