イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

シューズクロークは必要?メリットとデメリットとは?

4df9aca6b29b4fd2c937f590e48bb037_s

こんにちは、長野です。

「玄関に靴が散乱していて片付かない」「ベビーカーを収納する場所が欲しいけどスペースがない」そんな悩みをお持ちの方におすすめなのが「シューズクローク」です。

シューズクロークとは、玄関に設置される靴を履いたまま入ることができる収納のことをいいます。「シューズクローゼット」や「土間収納」などさまざまな呼び方があります。

今回は、シューズクロークのメリットとデメリットをご紹介します。もし検討されているのであれば、参考にしてみてください。

 

シューズクロークのメリットって?

thumb-422147_960_720

一番のメリットは、靴を収納することができるので玄関がすっきりと片付くことが挙げられます。メリットは他にもたくさんあります。

例えば、ベビーカーやアウトドア用品など外で使用するものも収納することができるので使いたいときにすぐ持ち出すことができます。

また、ウォークスルーできる形のシューズクロークの場合、収納内で靴を脱ぐことができてメイン玄関に靴が散乱するのを防げるので、急な来客があっても気持ちよく迎え入れることができます。

 

シューズクロークのデメリットって?

pexels-photo-256658

シューズクロークはさまざまなものが収納できるメリットがありますが、なんでも気軽に収納できるからといって物があふれてしまうケースも多いです。さらにスペースが狭いと、物があふれて中に入りづらくなります。シューズクロークに収納するもの、しないものをしっかり分けるようにしましょう。

また、風通しを考えないと臭いがこもってしまったり、湿気がこもることでカビが生じる原因になります。シューズクローク内に小さな窓を設置するなどして計画段階で通風面も考慮しておきましょう。

 

いかがでしたか?

pexels-photo-355988

シューズクロークをつくると、もちろんその分費用や床面積が必要になります。検討するときは、本当に必要かどうか?を第一に考えるようにしましょう。「家族が多くて靴の数も多い」「趣味のアウトドア用品を玄関ドアの近くに収納しておきたい」という場合はあってもいいかもしれませんね。

 

家づくりサポーター 長野

 

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 長野唯

長野 唯

2016年入社。現在はイベントの企画・運営などを担当。休みの前日は会社の同期とともに飲みに行くことがほとんどで、翌日は二日酔いを覚ましつつ建築やインテリア関連の雑誌を読んだり洋画(主にMARVEL)を観たりしてまったり過ごす。4人姉妹の一番下で根っからの末っ子気質。見た目も年齢より若く見られることが多くて得をしたり損をしたり…?