イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

ウォークスルークローゼットとは?あると便利な場所って?

 

pexels-photo-994517

こんにちは、長野です。

突然ですが、「ウォークスルークローゼット」をご存知ですか?「ウォークインクローゼットなら知ってるけど…」という方が多いかもしれません。

近年人気のウォークスルークローゼット。その名の通り、2ヶ所では入り口があることで人が通り抜けできるタイプの収納庫のことをいいます。スペースを有効活用できるということで、平屋にもぴったりです。スペースが無駄にならないだけでなく、動線がつながって利便性も高まります。

今回は、そんなウォークスルークローゼットのメリット・デメリットをご紹介した上で、最大限に有効活用するためのポイントもお伝えしますね。

 

ウォークスルークローゼットのメリット

pexels-photo-214574

家事動線のなかにウォークスルークローゼットをつくると、作業がスムーズに行えることがメリットのひとつといえます。

例えば、寝室と洗面室との間にウォークスルークローゼットをつくれば、クローゼットを通る際に身支度ができてそのまま洗面室へ向かえます。また、玄関とキッチンをウォークスルークローゼットでつないでパントリーとして使えば、買い物から帰ってきてすぐに収納することができます。

他にも、ウォークスルークローゼットは通風や採光が取りやすいことも挙げられます。多くの家の場合、壁で仕切られたスペースがたくさんあって風が通りにくかったり日当たりが悪かったりするケースも少なくありません。ウォークスルークローゼットは通風・採光に優れているので、このような問題を解決できます。

しかし、浴室や洗面室の近くにつくる場合は湿気の影響を受けやすくカビが生える可能性もあるので注意しましょう。

 

ウォークスルークローゼットのデメリット

pexels-photo-278312

ウォークスルークローゼットをつくるときには収納スペースはもちろん、それとは別に移動スペースが必要になります。移動スペースがせまいと、通りぬけるときにぶつかったり家事作業が余計ストレスに感じてしまったりします。スペースが十分に取れる場合は問題ありませんが、限られたスペースにつくるときは注意しましょう。

また、家事動線をしっかり計画してつくらないと、余計に動かないといけなかったりしてしまいます。時短できるようにつくったウォークスルークローゼットも反対に使いにくいスペースになることもあるので計画は重要です。

 

あると便利な場所って?

photo-1467528679268-767fb756be27

先ほど少しお伝えした場所以外にも、ウォークスルークローゼットがあると便利な場所があります。

・玄関からリビング
最も多いウォークスルークローゼットの間取りがこれです。玄関とリビングのあいだにつくって靴や傘、趣味のゴルフバックなどいろんな物を収納できます。

・キッチンから洗面室
家事を効率よくしたいという方におすすめの場所です。料理をするキッチンと洗濯をする洗面室をつなげてひと続きに家事をこなすことができます。家事は毎日するものなので、少しでもストレスなくしたいですよね。

自分たちのライフスタイルを考えてみて、一番ほしい場所につくるようにしましょう。

 

いかがでしたか?

pexels-photo-355988

今回、ウォークスルークローゼットをご紹介しましたがいかがでしたか?便利なウォークスルークローゼットですが、収納・移動のスペース、つくる場所をしっかりと考えないとかえって使いにくくムダなスペースになってしまいます。

どこにつくりたいか、どんな使い方をしたいかをイメージしてみてストレスない快適な生活が送れるようにしましょう。

 

 

家づくりサポーター 長野

 

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 長野唯

長野 唯

2016年入社。現在はイベントの企画・運営などを担当。休みの前日は会社の同期とともに飲みに行くことがほとんどで、翌日は二日酔いを覚ましつつ建築やインテリア関連の雑誌を読んだり洋画(主にMARVEL)を観たりしてまったり過ごす。4人姉妹の一番下で根っからの末っ子気質。見た目も年齢より若く見られることが多くて得をしたり損をしたり…?