イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

玄関と駐車場が近い戸建ては車上荒らしにご注意を。新たな手口「リレーアタック」をご存知ですか?

こんにちは!松浦です。

あなたの車のカギはスマートキーですか?

最近販売されているほとんどの車が、スマートキー対応になっています。

実はこのスマートキーを狙った新たな車上荒らし「リレーアタック」が問題になっています。

リレーアタックの被害に遭うのは、ほとんどが戸建ての車。

そこで今回は、リレーアタックについてと、新たな車上荒らしを防止する方法をご紹介していきたいと思います。

「リレーアタック」とは?

pexels-photo-97075
スマートキーは、絶えず微弱な電波を出し続けており、半径1メートル以内にカギと車が近づくことで、ドアの施錠・解錠、エンジンをかけることができるようになっています。

ですので、カギを室内など、車から半径1メートル以上離しておけば、ドアの解錠をされることはありません。

あなたは室内に持ち込んだカギはどこに置いていますか?

多くの方が玄関のシューズボックスの上や、玄関の壁にフックを設けてそこに掛けるように置いているそうです。

するとどうでしょうか?

玄関付近に置いたカギは、玄関外側から1メートル離れていないため、犯人は家の外側からスマートキーの微弱な電波を受信することができるのです。

その受信した電波を特殊な装置を利用し、電波をリレーするように車まで近づけることで、ドアの解錠ができてしまうのです。

これを「リレーアタック」といいます。

では、リレーアタックを防ぐためにはどのような方法があるのでしょうか?

「リレーアタック」の対策とは?

roland-denes-768377-unsplash
カーショップやネットショッピングで探すと、リレーアタック対策のキーケースが販売されていますが、自身がドアの施錠・解錠する時もキーケースからカギを取り出さないといけないため、多少の手間がかかります。

わざわざキーケースを購入しなくても、家にあるもので対策は可能です。

缶ケースなどの中に入れてふたを閉めると電波を遮断することができますし、アルミホイルでスマートキーを包むだけでも大丈夫です。

まとめ

pexels-photo-1266018
いかがでしたでしょうか?

リレーアタックの手口を把握していただき、しっかり対策していただければと思います。

対策方法もいくつかご紹介しましたが、一番の対策は、リビングや寝室など、いつも人がいて鍵の存在を確認できる場所に置いておくことが効果的だと思います。

また、これから新築戸建てをご検討の方は、玄関と駐車場の位置を少し離したり、リビングや寝室などにカギの保管場所として“ニッチ”を設けるしてみてはいかがでしょうか?

このような小さな工夫を入れていくことで、安心・安全で快適な戸建てでの生活が送れ、結果的に満足のいく家づくりになれればと思います。

家づくりサポーター 松浦征久

松浦
ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

 

家づくりサポーター 松浦征久

松浦 征久

熊本県天草市生まれ。長崎大学経済学部卒。通称「まっつぁん」。日頃は録画したTVを観ながら、SNSチェックやゲーム、読書、家事などをこなす暇が嫌いな多忙不器用人間。TVはドラマやアニメ、バラエティ、経済番組など週に30 チャンネルほど録画しているので残りの録画容量が心配でハラハラする日々。基本ツッコミ役だが、たまにボケると安定して“スベリ芸”を発動。低確率で必殺技“カミカミ芸”や“言いまつがい”が発動し大逆転することも。