イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

壁一面いっぱいの本棚のメリット・デメリットとつくるときのポイントとは?

photo-1524578271613-d550eacf6090

こんにちは、長野です。

壁一面に本が並んだ本棚を見かけたことはありますか?家のなかにある本を収納できたり読んだりできるスペースのことを「ホームライブラリー」といいます。読書が趣味だという方や、家族一緒に本を楽しむスペースがほしいという方にとってはとても魅力的なものです。

今回は、ホームライブラリーのメリット・デメリットとつくるときに注意するポイントをご紹介します。

 

ホームライブラリーのメリット

pexels-photo-1741230

ホームライブラリーをつくることで以下のようなメリットがあります。

・家族と本を通じてコミュニケーションがとれる
・子どもが本に触れる機会をつくれる
・家のなかに本が散乱するのを防げて一ヶ所にまとめられる
・本をリラックスして読むことができる
・読もうと思って買った本を置けて、いつでも読める

本を収納できたり、家族と一緒に本を読んでコミュニケーションが取れたりとメリットはたくさんあります。

 

ホームライブラリーのデメリット

photo-1465433045946-ba6506ce5a59

次に、ホームライブラリーのデメリットです。

・家がある程度広くないとつくれない
・つくる場所によってはわざわざ取りに行くのが面倒
・本棚の手入れが大変
・本が捨てられなくなってしまう
・置き場所があるのでムダな本をつい買ってしまう

 

つくるときのポイントって?

pexels-photo-355952

①つくる場所は?
日常生活のなかで本が集まる場所の近くにつくるのが良いでしょう。例えば、LDKや寝室、子ども部屋などにつくると本を取りに行くのが億劫になることはないでしょう。

省スペースにつくりたい場合は、家族が通る廊下や階段の壁を使うのもおすすめです。本を探したり読んだりしているときに声を掛け合うことができてコミュニケーションの場になります。

②つくるときの注意点は?
最後につくるときの注意点をご紹介します。

もし本を日焼けさせたくない場合、窓は北向きのほうが良いでしょう。暗くなりがちですが、壁面の高い位置に窓を設置すれば窓自体が小さくてもホームらライブラリー全体は明るくすることができます。

本は重量があるので、棚板の縦の支えは60cm間隔で設置するのが理想です。収納面を考えると棚板は可動式をおすすめします。地震対策として重い本は下に、文庫本などの軽い本は上に収納するようにしましょう。

また、棚の奥行を深くしすぎると面積が必要になる上にホコリが溜まりやすいので注意しましょう。浅くても大丈夫であれば、奥行23cm程度がおすすめです。

 

いかがでしたか?

52c30c50c78b684364314ae4cc885d70_s

今回、ホームライブラリーのメリット・デメリットとつくるときのポイントをご紹介しました。

電子書籍が普及している現代だからこそ、家族が集まって本を楽しむスペースをつくることは良いコミュニケーションの機会になります。

壁いっぱいになるほど本は持っていないという方も、空いたスペースには雑貨や写真などのインテリアを飾っておいて今後増やしていくという方法でも良いでしょう。

いろんな魅力のあるホームライブラリーを今後の家づくりに取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

家づくりサポーター 長野

 

 

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 長野唯

長野 唯

2016年入社。現在はイベントの企画・運営などを担当。休みの前日は会社の同期とともに飲みに行くことがほとんどで、翌日は二日酔いを覚ましつつ建築やインテリア関連の雑誌を読んだり洋画(主にMARVEL)を観たりしてまったり過ごす。4人姉妹の一番下で根っからの末っ子気質。見た目も年齢より若く見られることが多くて得をしたり損をしたり…?