イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

一戸建てのお風呂づくりで気を付けることとは?

e92b0ed3892c37618e0a4f8e48e302a0_s

こんにちは、長野です。

家づくりをするときに考えるのは、お部屋のことだけではありません。「お風呂」も重要な場所のひとつです。毎日使うお風呂は「快適」な場所にしておきたいですよね。

今回は、お風呂づくりをするときに注意するポイントをご紹介します。

 

お風呂をつくるときの注意点とは?

8a61b9e8baa7e61875a011d36aa83bea_s

①お風呂の広さ
お風呂の失敗で多いのが「広さ」の問題です。一般的に、リビングなどの居住環境から優先的に間取りをつくっていきます。そうすると、お風呂のスペースは思ったよりも狭くなってしまいます。

「くつろぎの空間にしたかったのに、結局妥協して狭くなってしまった…」と、妥協が原因で後悔してしまうことになります。

不便なくくつろげる適切な広さはどのくらいか、事前確認をしておくことをおすすめします。

 
②オプション
お風呂には、機能を追加で設置することができます。例えば、「洗濯物をお風呂に干すから浴室乾燥機を付けよう」「浴室でゆっくりテレビを見たいから浴室用のテレビを付けよう」と、いろんな要望を叶えることができます。

しかし、浴室乾燥機をつけたけど実際はあまり使わない…となってしまうケースも多いです。また、テレビをつけたばっかりに入浴時間が長くなって次の人がなかなか入れない…なんてことも。

オプションの設備は、まず家族構成や生活スタイルを見直して本当に必要かどうかを判断しましょう。

 

快適なお風呂にするためには?

219c432ff40622244ed8d60bebc77f51_s

①掃除がしやすい壁や浴槽
お風呂は水を扱う場所なので、どうしてもカビ対策や掃除に手間がかかってしまいます。そのような負担を少しでも減らすために、掃除しやすい浴槽や壁を選ぶと満足度も上がるようです。

「快適なお風呂」というのは、入浴のときだけでなくキレイな状態を保つことも含まれます。毎日のお掃除が少しでも時短できれば、快適に過ごせそうですね。

 
②バリアフリーや手すり
お風呂は頻繁につくりかえるものではありません。ですので、将来のことも考えて脱衣所と浴室の段差をなくしてバリアフリーにしておいたり、手すりを設置しておいたりすると後々追加で工事をする手間も省けます。

いかにも「手すり」というものだけでなく、見た目も損なわずに設置できるものもあるので、そういったものを取り入れると良いでしょう。

 

いかがでしたか?

浴室 窓 風呂 

今回、お風呂をつくるときの注意点をご紹介しました。まとめると、

・家族構成や生活スタイルに合った広さにする
・本当に必要なオプションのみ取り入れる
・掃除のしやすい壁や浴槽を選ぶ
・将来のことも考えてバリアフリーや手すりを取り入れる

となります。中途半端に妥協してしまうと、後悔しやすくなってしまいます。納得がいくまで検討するようにしましょう。

 

 

家づくりサポーター 長野

 

 

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 長野唯

長野 唯

2016年入社。現在はイベントの企画・運営などを担当。休みの前日は会社の同期とともに飲みに行くことがほとんどで、翌日は二日酔いを覚ましつつ建築やインテリア関連の雑誌を読んだり洋画(主にMARVEL)を観たりしてまったり過ごす。4人姉妹の一番下で根っからの末っ子気質。見た目も年齢より若く見られることが多くて得をしたり損をしたり…?