イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

土間の活用方法とメリット・デメリット

こんにちは。永野です。

インスタグラムを見ていて、私が最近よく見かけるのが「土間のある家」。
「#土間」「#土間のある家」というタグがついた投稿は合わせて4万件もあるくらいです。

昔から日本にはあったスペースみたいですが、今また有用性が再認識されているみたいですね。では、どんなところで役にたつのでしょうか。

■土間って?

土間.
土間は、居室との間に土足で歩ける場所のこと。あなたの家でいう、「玄関」に近い場所だと思います。「土間」は土足で歩いてもいい場所ですが、一応、屋内ですし、壁や天井があるため、雨風をしのぐことができます。

昔は、杵や臼がおいてあったり、ご飯を炊く釜戸があったり。作業場としても使っていたみたいです。

■最近見かけた土間の利用例

土間
「土間のある家」といっても土間の使い方にも色々あるみたいです。

☑ 自転車やベビーカーの保管場所
☑ 土間キッチン
☑ 土間部分をダイニングに
☑ ペット専用のスペースとして
☑ リビングとして(雨の日は洗濯物を干したり)
☑ ゴミ出しの日までのごみ置き場

■土間があると便利だけど、デメリットも…

f74077011cd39acf6641b9588c66b9e2_s
①底冷え

土間をリビングやダイニングとして使う場合、土間スペースは寒い場所になるかもしれません。土間スペースが広くなればなるほど、対策として、コストはかかりますが「床暖房」を取り入れたり、扉で土間スペース仕切れるようにしておきましょう。

②汚れ
土間スペースは素材にもよりますが、土足の分汚れが目立つ場合があります。汚れが目立ちにくいようなものを選んだり、水場を近くに設置し、排水溝を作るなどの工夫が必要でしょう。

③間取り次第では、靴の脱ぎ履きが手間
間取りにもよりますが、部屋と部屋の間に土間がある場合、そのたびに靴の脱ぎ履きが発生し、手間になるかもしれません。土間スペースを作る場合は、しっかり生活動線を考えて取り入れましょう。

■まとめ

屋内で屋外のように使える土間スペースがあると、さまざまな使い方ができます。ただ、先述したように、デメリットとなる点もあります。しっかりとデメリットをおさえて、自分たちに必要なスペースかどうか検討しましょう。

家づくりサポーター 永野

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 永野千聖

永野 千聖

可愛いお家と可愛い雑貨が大好きで、「come home!」が愛読書。最近「come home!」の影響でDIYにはまり始め、工事担当の平山くんと隣の席の島田くんとDIY部開設。ハンドメイド作家さんのインスタやRoomclipを見てまねっ子中。