イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

LDKのそばにワークスペースを作る時のポイント

045cbdab020346aec68a3f2199ef6bd7_s
こんにちは。
家で作業がしたい時みなさんどこでされてますか?
家計簿を付けたり、書き物やプリントのチェック、趣味でしていることなど、自宅にちょっとした作業ができるスペースがあると便利ですよね。ワークスペースを作るとき、これからお話するポイントを押さえておくとより良いスペースになると思います。

ワークスペースを作る時のポイント

ba2d551a71d04d5d845f05aa74658fb5_s

☑家族との距離感
作業中って、邪魔されたくないですよね。なので、ちょっとだけ隔離したスペースがほしいもの。でも、家の中にいて周りの状況が全く見えないのも不安です。大切なのは、家族との距離感と別の空間だと思えること。個人的には、リビングやダイニングのそばに、ちょっとした仕切りがあるといいなと思います。

☑収納
ワークスペースは作業をすることはもちろん、大切な書類を管理する場所としてもよいと思います。学校のプリントや領収書など大切な書類はなくしたら大変です。しっかりと収納できるようにすると、すっきりと使いやすいワークスペースにすることができます。

仕切りを作るときにおすすめのアイテム

デコマド
※画像:LIXILカタログより抜粋(https://goo.gl/R6E7hs

最近いいな、と思ったのがこの商品。LIXILさんのデコマドという室内用の窓の商品です。壁ではなく、デコマドで空間を仕切ることで、ちょっとした独立のスペースになりつつも、家族の気配を感じることができるのではないでしょうか。家族としても、ドアや壁で空間を閉じてしまうより、こちらの方が話しかけやすいですし、なんだか安心できると思います。

まとめ

完全に一つの部屋として書斎を作ると、集中することができるかもしれません。ですがLDKのそばに、ちょっとしたワークスペースを作ることで、家族との時間も大切にできます。ワークスペースも、誰が使うのか、どんなことをするのか次第で、間取りの中にどう組み込むか変わってきます。ご夫婦でしっかりお話をしてみて下さい。

家づくりサポーター 永野

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

 

家づくりサポーター 永野千聖

永野 千聖

可愛いお家と可愛い雑貨が大好きで、「come home!」が愛読書。最近「come home!」の影響でDIYにはまり始め、工事担当の平山くんと隣の席の島田くんとDIY部開設。ハンドメイド作家さんのインスタやRoomclipを見てまねっ子中。