イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

【比較】ZEH(ゼッチ)と一般の家の月々の支払いシミュレーション

a779a6bc546a33d531d490adcfc3204e_s

こんにちは!永野です。

今年は全国的に猛暑みたいですね。私の部屋のエアコンも毎日ガンガン働かせてます。

この間、夜寝る前にその日1日のエアコン使用料金を見てみたら300円。(その日は一日中つけっぱなしでした)

エアコンの料金って馬鹿にならないな、とつくづく思ったのと同時に、もし家を建てるならZEH(ゼッチ)の家にしようと決意。

 

今回は、いまさらですが、私が最も求めている「ZEH」についてお話します。

(イエスタではまだご紹介していないみたいなので!)

 

ZEH(ゼッチ)って、ここ数年よく聞くけどよく分からないという方、是非ご覧ください。

ZEH(ゼッチ)って?

9392309e19a0ad837bfb167f88796ed5_s

「ZEH」とは(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。

住まいの断熱性・省エネ性能を上げることで、家庭で消費するエネルギーを太陽光発電システム等によって発電するエネルギーのほうが上回る。

その結果、年間のエネルギー消費量を概ねゼロにすることができる住宅のことです。ZEH にすることによって、年間の光熱費は掛かりませんし、高い断熱性能の家に住むことによって、健康にも優しい家になります。

zeh02

ZEH(ゼッチ)の家にするにはどうしたらいいの

太陽光発電

大きく2つの要素が必要になってきます。

 

1つ目が、「電気を発電するための設備」です。

発電する設備がなければ、消費するエネルギーのほうが多くなってしまいますよね。

 

具体的にいうと、太陽光発電です。太陽光発電は設置コストもどんどん下がっています。

さらに、発電した電気を貯めておく「蓄電池」や電気使用量・発電量を確認できる「HEMS」も消費エネルギーをゼロにするために重要な設備となります。

 

2つ目は、「住宅そのものの省エネ化」です。設備だけでなくこちらも重要となります。

断熱材の性能を高めたり、窓にエコガラスや断熱性能サッシを設置することで、家自体の断熱性能が上げ、少ないエネルギーで快適に生活することができます。

 

大きく分けて、こちらの2つの要素が必要になります。

ZEHにすると月々の支払いが安い?

scale-2635397_640

ZEHの家にするには、通常の住宅と比べて必要となる追加費用は、250万~300万円ほどといわれます。

 

ということは、建築費はZEHの家の方が高いですよね。でも、ZEHの家だと月々の光熱費が実質0円。だから一般的な家とZEHの家を比較すると月々の支払はZEHの家の方が安く済むんです。

ZEHシミュレーション

月々の光熱費は、総務省統計局:用途分類:収入及び支出金額・名目増減率・実質増減率(月・四半期・年)より算出

http://www.stat.go.jp/data/kakei/longtime/zuhyou/zen-ts.xls

 

どうでしたか?

現在、国がZEHの普及に大変力を入れています。それは、産業部門に遅れている家庭部門の省エネを進めるためです。国は2020年までに新築住宅の標準をZEHにする計画で進めています。

つまり、新築住宅を建てるならばZEHが当たり前になる時代がもうすぐそこまで来ているということになります。

これから、新築住宅を建てようと考えている方はZEHを考えてみてはいかがでしょうか。

家づくりサポーター 永野

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

 

家づくりサポーター 永野千聖

永野 千聖

2014年入社。現在は主にナチュリエの販促企画を担当。可愛いお家と可愛い雑貨が大好きで、「come home!」が愛読書。最近「come home!」の影響でDIYにはまり始め、工事担当の平山くんと隣の席の島田くんとDIY部開設。ハンドメイド作家さんのインスタやRoomclipを見てまねっ子中。