イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断基準が身につけていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

低コストでまるで無垢のような複合フローリングのご紹介

273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_s

明けましておめでとうございます。今日からお仕事の方が多いのでしょうか。

お仕事が始まった方、頑張りましょう(笑)

 

さて、今回は床材の話です。

やっぱり無垢の床材って憧れませんか?無垢の床って、素足でふれると心地よくて、温かみがあっていいなと思います。

 

でもやっぱり無垢の床材ってコストがかかりますよね。

そんな時は、無垢ではないですけど、無垢っぽい複合フローリングがあるんですよ。

それが、LIXILさんのラシッサDフロアです。今回はLIXILさんのラシッサDフロアを紹介したいと思います。

 

LIXILさんのラシッサDフロア

私の会社でも、ラシッサDフロアが標準仕様になっている商品があるんですよ。

私がいいなと思ったのが、ラシッサDフロアの「バリエーション」と、まるで本物の木のようなところ。

バリエーションは、木目調のものが13色、それ以外にパーケット調、フレンチヘリンボーン調等あるので、合計15パターンあることになります。(※2017年12月現在)

 

○DX/チェスナットF

case_img_13
(出典:LIXIL ラシッサ Dフロア 施工イメージ

○D3/ライトメープルF

case_img_17
(出典:LIXIL ラシッサ Dフロア 施工イメージ

○DZ/ウォルナットF

case_img_21
(出典:LIXIL ラシッサ Dフロア 施工イメージ

○DK/パーケット調(ナチュラルオークF)

case_img_30

(出典:LIXIL ラシッサ Dフロア 施工イメージ

ラシッサDフロアの性能の話

42000f96d401425c941930dc0f7d8ffc_s

○足ざわりのよさにこだわった「フットフィール仕上げ」

樹種により大きく異なる木の質感はや表情を、特殊技法で表現されている。

樹種に最適な、木肌感を下記の3つで表現。それぞれの足ざわりのよさが魅力。

(1)さらっと Foot feel:メープルやチェリーなどのさらっとした木肌を表現。導管がまんべんなく分布した散孔材ならではの質感を出すため、軽く木肌にサンディングを施したような仕上げに。

(2)ほんのり Foot feel:ウォルナットやオークなど環孔材が持つ手ざわりを表現。天然木のような踏み心地のよい床材に。

(3)しっかり Foot feel:チェスナットなど木目がハッキリとした環孔材が持つゴツゴツとした触感を表現。強い立体感と素朴な味わいのある床材に。

 

○優れたお手入れ性

表面に立体感を感じる仕上げなので、汚れが入ってしまいそうですが、微細な凹凸で本物の木肌を表現しているため、実は汚れが入りにくいんだそうです。なので、お手入れ性は優れています。

 

結局、無垢にするか複合フローリングにするかは、家づくり全体の費用配分

3edf656fcf05fd4fb716675aa36c3aa7_s

家づくりは優先順位が大切です。

無垢の床材にすることで、予算オーバーしてしまったらどこかのグレードを落としたり、また、別の場所でにお金をかけたいから、無垢の床ではなく、複合フローリングにしてコストを抑えたり、すべては優先順位次第です。

一生に一度の家づくりを、失敗しないためにしっかりと優先順位を付けましょう。

 

家づくりサポーター 永野

ゼッタイやってはいけないバナー - コピー

家づくりサポーター 永野千聖

永野 千聖

2014年入社。現在は主にナチュリエの販促企画を担当。可愛いお家と可愛い雑貨が大好きで、「come home!」が愛読書。最近「come home!」の影響でDIYにはまり始め、工事担当の平山くんと隣の席の島田くんとDIY部開設。ハンドメイド作家さんのインスタやRoomclipを見てまねっ子中。


Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/?id=http%3A%2F%2Fiesta.info%2Fblog%2Fgoodhouse%2F7973%2F): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/ssv/iesta.info/public_html/wp-content/themes/n1/functions/social.php on line 125