イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断知識が身についていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

【注意!】住宅会社の標準仕様の2つの落とし穴

A

こんにちは!家づくりサポーターの宮本です。

実は少し前に、車を買い替えました。

やっぱり新車?
でも中古でもいいのありそうだし…

と悩みに悩んで、結局今後の貯金のことを考え、中古車で検討。

・スライドドアとリモコンキー機能付き
・エコドライブ機能で燃費よし
・車内は圧迫感のない広々空間
・走行距離も少ない
・とにかく色が私好み

今の中古車って、探せば本当にステキな車があるんですね~。
最新の機能とまではいかなくても、中古でこれだけ仕様の充実した車が手に入ったので、大満足していました。

ところが先日、仕事の移動で高速道路を使おうとした時のことです。

ETCカードを差し込もうと、カード挿入口を探しましたがありません。

「あれ?おかしい…。どこかにあると思うんだけど…。」
「……。」
「……。」
「ん?まさかETC入れる機能ってついてない?」

念のために車の仕様書を見ても、ETCの文字が見当たらない。

車を買った会社の担当者に電話してみても、「あ~、ついてなかったかもしれません」という返答。

「がーん………。」

前使っていた車は、型は古くとも、ETC機能がついていました。

そのため、今回の車にも「当然ついている」と、「ETC機能は標準仕様だろう」と思い込んでいたわけです。

思い込みによって、購入時に確認もしませんでした。
標準仕様ではないかもしれないと、疑問にも思わなかったのです。

結局その日は、下道での往復になりました。

ただ、これからも仕事で高速を使うことになるので、ETCは自分で付ける必要がありそうです…。

標準仕様の中身はハウスメーカーによって違う!

eca50e96fbf8ae3df80016f396711b76_s

家づくりにおいても、先程の車の話と同じようなことが言えます。

ご存知の方も多いかもしれませんが、「標準仕様」とは、標準に設定されている装備のことを言います。
元々建物金額に含まれているさまざまな仕様のことです。

対して、別途料金が発生するのが「オプション」ですね。

(例)通常のシステムキッチンは標準でも、食洗器を付けたらオプション費用になる
(例)水回り設備は標準で付いているけれど、水道工事は別料金 etc…

この標準仕様の内容は、家づくりを頼むハウスメーカーによってにバラつきがあります。

展示場に行ったとして、一件目で見たハウスメーカーで標準仕様がこの内容だったから、次に入ったハウスメーカーも同じというわけではないのです。

なにが標準仕様に入るのか、なにが別料金なのかによって、総支払額が変わってくるので、ハウスメーカーに行くたびに確認が必要です。

必要のない標準仕様にも料金は発生している

b

例えば営業マンに次のようなことを言われたとしましょう。

「他のメーカーさんでは、○○と○○はオプションとして別料金がかかることが多いのですが、弊社はそれが標準仕様となっているので、別料金はかかりません。」

なんて言われたら、あたかも○○にかかる料金がそのまま浮くような気持ちになりませんか?
そして、表示された価格さえも、安く感じてしまうのです。

しかしそれが、第2の落とし穴です。

見積書を見ると分かると思いますが、標準仕様の装備にもきちんと料金は発生しています。

厳密にいうと、「言わなくてもついてくるけれど、料金は発生している」ということになります。

つまり、標準仕様が豪華な分だけ、初期費用がかかるということなんです。

標準仕様の中で、「これって私たちに本当に必要?」と感じるものがあれば、家族とじっくり相談してみてください。

最後に、ここまでの説明で「不要な標準を抜かせば、その分金額は下げられる?」と考えられた方もいたかもしれませんが、その対応はハウスメーカーによりけりです。

場合によっては、不要な標準が抜かせないこともあれば、抜かせたとしても金額は変えられないこともあるので、注意が必要です。

まとめ

思い込みってつくづく怖いです。

家の購入は金額が大きいので、きっと車の購入より慎重になるはずです。

しかし、言葉の意味や標準仕様の内容を把握しておかないと、追加費用がかかってしまったり、無駄な支払いになる可能性も。

標準仕様と別途料金のものをよく理解して、疑問があれば都度パートナーに確認してくださいね。

家づくりサポーター 宮本 光

 

家づくりサポーター 宮本光

宮本 光

2018年10月、ホテル業界から住宅会社に転職。楽しみはたくさんありますが、強いてあげれば、晩酌と買い物とおいしいものを食べに行くことです。長年食べ物は“食べる側専門”だったのですが、最近はやっと危機感を覚え始め、“作る側”として奮闘中です。しかし料理のセンスはあまりないらしく、ある時、気分転換につくったお菓子が一押しで、それを得意料理と思っています。ちなみにそのお菓子は「ベイクドチーズケーキ」です。名前だけおしゃれ…では終わらせません!言ってくだされば自慢げにお裾分けします。