イエスタ

イエスタ。失敗しないために家づくりの勉強をスタートする。

自分たちはどんな家を建てたいのか?が見えてくる。イエスタは、建てた後に後悔しない、満足のいく家づくりをお手伝いする住宅情報サイトです。

メニュー

田中 愛子

家づくりサポーター 田中愛子

田中 愛子

化粧品会社に就職した後、以前から興味のあったインテリアを勉強したいと思いインテリアコーディネーターを取得、その後住宅業界に転職。家づくりに関わる仕事をしながら、住宅やインテリアのことなど、まだまだ勉強中です。甘いものに目がなく、話題のパンケーキのお店なんかにはすぐに行ってしまいます。

私のストーリー

学生時代の私は、自分が家づくりに関わる仕事をすることになるとは思ってもいませんでした。 そんなわたしが家づくりに関わる仕事に就くことになる最初のキッカケとなったのが、学生時代に色彩検定を取得したことです。それから、色彩の奥深い世界やデザイン等に興味を持ちます。

卒業後、学んだ知識を活かしたいと思い、企画制作部を希望して化粧品会社に入社。しかし、希望の部署とは違う部署に配属されます。先輩や同期に恵まれ、時には辛い仕事も励ましあって楽しく過ごしていましたが、色彩やデザインへの興味はずっと持っていました。そして、色々調べているうちに、インテリアコーディネーターという資格があることを知ります。

以前からインテリアが好きで、Casa BRUTUSというインテリアや建築の雑誌を読んだり、NO!!という雑誌(福岡や熊本の方ならご存知でしょうか…?)のお部屋を紹介する企画が好きでよく見ていたので、すぐに興味を持ち、これを勉強したい!と思うようになりました。そして、学生時代にもないくらい、人生で一番勉強したんじゃないかと思うくらい勉強して、念願のインテリアコーディネーター試験に合格。その後住宅業界への転職を果たしました。

インテリアコーディネーターの試験では、インテリアや色彩のことだけではなく、建築の歴史や住宅の構造的なところ、関連する法律に関しても勉強します。

そのため私の場合は、ある程度の知識を持った状態で住宅業界に飛び込んだので、「これ勉強したやつだ!」とか、「これはこういうことだったのか!」と、机上で学んでいたことを実際の現場で見ることができて分かりやすかったです。

ですが、友達に「今どんな仕事をしてるの?」と聞かれ、こんなことしてるよ~と話すと「それ何?」「どういうこと?」と聞かれ、「そうか、今私が当たり前に話していることも、住宅や建築を知らない人からしたらわからないことばかりなんだ…」ということに気づかされました。そして、「これはこういうことだよ」とか「こういう意味だよ」と、自分なりに解説して話すと、「へ~そうなんだ!」「知らなかった、おもしろい!」と言ってもらえるようになりました。

今回、イエスタに参加することになったので、その時のことを思い出し、住宅や建築のことをまったく知らない人にでも「わかりやすく」「おもしろく」「興味を持ってもらえるように」ということを心がけて情報を発信していきたいなと思っています。