イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断基準が身につけていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

あなたはどのタイプ?土地選びでの 4パターンの優先事項

home-1353389_640こんにちは!
家づくりサポーターの長田です。

皆さんはどのように土地選びをしていますか?

家づくりのための土地を探そうと思っても、エリア・金額・広さなどは様々で、しかも非常に高額な買い物になるため、土地を選ぶのにはかなり時間がかかってしまいがち。

そんなときは、「どんな生活を叶える土地に住みたいか」を考えると、土地の選択肢を絞りやすくなります。

今回は、4つのパターンの土地探しポイントを紹介します。

自分たちならどんなことを優先させて土地を選ぶかな~と考えながら読んでみてください。

①「家族優先」の土地探し

家族 土地探し「自分のパートナーや子供たちのために家づくりをしたい!」

そんな方は、これからの家族のライフスタイルの変化に合わせてどのようなメリットがある土地なのかに注目するといいでしょう。

ポイントとしては、行政の育児支援制度を調べて子育てがしやすい環境かどうかを見てみたり、いい学校や進学塾が近くにあるかを調べてみたりすると、土地の選択肢が絞りやすくなります。

また、物騒な事件が少なく治安の良い土地に暮らしたいという方は、警視庁のホームページで犯罪発生率を確認することもできますので、調べてみてはいかがでしょうか。

②「趣味優先」の土地探し

趣味 土地選び「せっかく土地を買うなら、趣味がのびのびとできる環境に行きたい!」

そんな方は、とにかく自分たちの趣味を楽しみやすい土地を探しましょう。

釣り好きの人は海の近くで探し、ガーデニングが趣味の人は日当たりと庭の広さを重視、また車で遠出をすることが好きな人は主要道路や高速道路の近くなど、やりたいことを叶えるための土地かどうかに注目すると、土地の選択肢を絞りやすくなります。

子供もまだ小さくて学校区にとらわれない土地選びができる方は、家族で趣味を楽しめる環境の土地を買って、自分たちの故郷にするのもいいのではないでしょうか。

③「住環境優先」の土地探し

住環境 買い物 土地選び「毎日の生活を今よりもっと楽にしたい!」

そんな方は、土地周辺の暮らしやすさを重視した土地探しをするといいでしょう。

例えばいろんなお店が近くて買い物に行くのが楽になったり、病院がたくさんあって急な病気やけがでも対応してもらえたりするなど、毎日の生活をイメージしながら暮らしやすさに注目すると、土地の選択肢が絞りやすくなります。

また車の運転に自信がない人は、土地の周辺道路が見通しが良くて道も広く、車が運転しやすい環境かどうかも見てみるといいかもしれませんね。

④「家づくり優先」の土地探し

単位「やっぱり好きな家が建てられる土地が一番!」
そんな方は、エリアよりも土地の条件に注目して土地探しをするいいでしょう。

広さや法律関係上、自分たちの希望の家が建てられる土地や、とにかく安価で家づくりの方にお金をかけられる土地、周囲の景観なども含めて思い描いている家を建てることができる土地かどうかなどを優先させると、土地の選択肢が絞りやすくなります。

家に対するこだわりが多い方は、先に住宅会社で建物プランを作ってもらい、それが叶えられる土地を探してもらうといいでしょう。

いかがでしょうか

土地情報 インターネット 広告土地にどんな優先順位を付けて選択肢を絞ればいいか、イメージはできましたか?

最後にひとつ注意していただきたいのは、これらすべての条件を叶える土地を探そうとしてはいけない、ということです。

今回紹介したすべての条件を叶える土地は、ほぼありません。

仮にあったとしても、人気のあまり非常に高価な金額が付いていることがほとんど。

ですので、自分たちはどのポイントについて一番優先させたいかを考えながら、土地探しをすることをオススメします。

家づくりサポーター 長田

土地探しバナー

家づくりサポーター 長田圭史

長田 圭史

熊本県合志市生まれ。高校以降はキーボード担当としてバンド活動に青春を捧げたり、バスを運転して21歳で大型二種免許を取ったりするというちょっと変わった学生時代を過ごし、住宅会社に就職。
男4人兄弟の長男として育ったので、一見落ち着いているように見られがちですが、実は常にボケたくて仕方がない“小笑い製造機”
「周りを明るくするために、まずは自分から笑顔を発信しよう!」をモットーに、毎日なにかしらワクワクしながら生きているハッピー野郎です。