イエスタ

家づくりに失敗しないためのブログ

一生に一度の家づくりで失敗しないために必要な知識や判断基準が身につけていくお役立ちブログ。自分たちが建てたい家が見えてくる。

メニュー

夫婦共有名義で家を所有する場合のメリットとデメリット

affection-1853650_640
こんにちは!續(ツヅキ)です。

家を買う時は、いくつか決めなければならないことがあります。どこに家を建てるか、住宅会社はどこにするか、いくらくらいの住宅ローンを組むかなどが代表的なもの。それに加えて、「所有者の名義を誰にするか」というのもポイントの一つです。

共有名義にすれば、借入額を増やすことができるというのが代表的なメリットです。一方、そこだけに目が向いてしまうと、あとで思わぬ落とし穴にはまることも。

今日は、夫婦共有名でローンを組む際のメリットとデメリットをご紹介します。

単独名義、共有名義とは?

chalkboard-2123965_640

不動産を購入した場合、登記の方法には単独名義と共有名義の2つがあります。単独名義とは、一人の名前で登記をすることです。例えば夫が単独で住宅ローンを組む場合は、夫一人の名義で登記されます。

一方、共有名義とは共同でお金を出し合って不動産を購入した場合に、それぞれの出資割合に応じて登記することを言います。例えば、3000万円の不動産を半分ずつ夫婦半分ずつ出資した場合は持ち分2分の1ずつで登記されます。

共有名義のメリット

7252aee7089de2f77d4e81d7010bf180_s

①借入額が増やせる

共有名義のメリットの一つが、住宅ローンを借りる際の借入額を増やせることです。夫婦どちらか片方の収入では借りられる金額が希望額に届かなかった場合も、夫婦二人の収入であれば希望する額を借りられ、予算を増やすことができます。

予算が増えると、より便利な場所に住むことができたり、より広い家に住むことも可能に。

②夫婦両方とも住宅ローン控除が受けられる

夫婦で住宅ローンを組む場合、どちらも住宅ローン控除の対象になります。住宅ローン控除とは、住宅ローンの年末残高の1%が10年間減税されるという制度で、対象は所得税と住民税です。

夫婦が共働きで共有名義にすると、夫婦それぞれの所得税、住民税に住宅ローン控除が使えます。そのため、単独名義に比べより減税額が多くなります。

③贈与税がかからない

共有名義にすると、出資した割合に応じて所有権を持つことになります。そのため、贈与税がかかりません。

しかし、注意したいことが1つあります。それは、例えば妻が1割しか出資していないのに5割の持ち分で登記したとすると、その差額が妻への贈与とみなされ贈与税がかかる可能性があるので注意しましょう。
※贈与税は原則として年間110万円を超える額に対してかかります。差額が110万円以下なら非課税です。

共有名義のデメリット

pexels-photo-256658

①夫婦のどちらかが亡くなってもローンが残る

夫婦どちらかの名義で住宅ローンを組んだ場合、名義人がなくなれば団体信用生命保険によって残りの住宅ローン債務はなくなります。しかし、夫婦二人の名義で別々に住宅ローンを組んだ場合は、片方のローンは残り支払いを続けなければなりません。

夫婦二人でローンを組む場合、どちらか一方が亡くなったら残りのローンの返済義務がなくなる商品もあるので、一度検討してみてもいいでしょう。

②売却しにくくなることも

万が一住宅ローンの返済が残ったまま離婚することになった場合、財産分与が複雑に。また、売却するとなった場合は夫婦二人の同意が必要になります。そのため時間がかかることが多いです。

まとめ

今日は共有名義で家を所有する際のメリットとデメリットについてご紹介しました。借入が増えるというのは大きなメリットですが、万が一の場合のリスクもあります。メリットとデメリットを両方見た上で検討して下さい。

住宅会社によっては、お金の専門家であるファイナンシャルプランナーを交えて打ち合わせできるところもあります。住宅ローンの相談は専門家に聞いてみるのも一つの方法です。

家づくりサポーター 續大介

家づくりサポーター 續大介

續 大介

ファイナンシャルプランナー2級。2016年に住宅会社に転職。現在35才。現在は主に販促企画を担当。妻と、長男(5歳)次男(2歳)の子育て中。夜中は寝相が悪い長男のキックを受け、朝はゴキゲンな次男に顔をたたかれて目覚めるのが日課。元気いっぱいだから、私の顔に引っ掻き傷もいっぱい。